アユートは、米AZZAのキューブ型ATXケース【REGIS (CSAZ-902)】を11日にパソコン工房にて発売する。

ATXフォームファクタのキューブ型PCケース。本体を斜めに設置できる台座が付属する。斜め設置したさいに上側2面にあたる側面と前面パネルには強化ガラスを採用。下側2面はアルミ製。前面パネルには四方をLEDでライティングした合わせ鏡のデザインを施す。

搭載可能なビデオカードは横置きで最大336mmまで、縦置きで最大320mmまで。高さ210mmまでのCPUクーラーが設置できる。下側の左右側面にはケースファンや水冷ラジエータが設置可能。最大で140mm径ファン×2もしくは280mmのラジエータが取り付けられるほか、背面にも別途140mm径までのケースファンが取り付けられる。ATX電源の組み込みに対応。

利用可能な拡張スロットはマザーボードの取り付け位置によって異なり、7スロットもしくは3スロットが利用できる。ドライブベイは2.5インチ×2、3.5インチ×1。着脱式で取付方向が変更できる。

インターフェイスはUSB Type-C×1、USB 3.0×2、音声入出力。

サイズは640×481×529mm、重量は12.5kg。

店頭予想価格は4万9,800円。

このほかmicroATX対応ケースの【ELISE (CSAZ-140)】を11日に、ミドルタワーケースの【SPECTRA Black (CSAZ-280B)】【SPECTRA White (CSAZ-280W)】を4日にそれぞれ発売する。

ELISE (CSAZ-140)

【ELISE (CSAZ-140)】は、フロントに小物をディスプレイできるMicroATXケース。

フロントパネルには、有孔ボード(パンチングボード)のように等間隔で穴が開いており、付属のヘッドホンホルダーとディスプレイスタンドを好きな位置に設置することができる。ヘッドホンやフィギュアはもちろんのこと、USBメモリーやSDカードを置いたり、スマホを立て掛けたりするなど、ユーザーの好みによってさまざまな使い方ができる。

リアに120mm ARGBファンを1基標準搭載。ARGBコントローラー付属しており、またトップパネルのボタンでLEDのエフェクトを切り替え可能。120mmファンを最大6基搭載でき、ラジエーターは280mmまで対応しており、冷却性にも配慮。グラフィックカードは長さ340mmまで搭載可能。

サイズは220×381×410mm、重量は5.1kg。

店頭予想価格は6,820円。

SPECTRA Black (CSAZ-280B)

【SPECTRA Black (CSAZ-280B)】【SPECTRA White (CSAZ-280W)】は、立体的な格子状のフロントパネルが印象的なATXケース。メッシュパネルの上に立体的なフロントパネルを被せており、格子の間にあるスリットから内蔵しているLEDが鮮やかな光を放つ。

リアに120mm RGBファンを1基標準搭載。 搭載LEDはマザーボードと同期しませんが、フロントパネルのLEDとともに、ケース上部にあるLEDボタンにてライティングを切り替えることが可能。

120mmファンを最大8基搭載することでき、そのうち2基は電源シュラウドの上に設置可能。ラジエーターは240mmまで対応。トップパネルにマグネット式のダストフィルターを装備。

サイズは200×365×458mm、重量は3.5kg。

店頭予想価格は6,380円。

Follow me!