MateBook 14 2022

ファーウェイ・ジャパンは、「MateBook」シリーズのミドルモデルとして、14型ノートパソコン【MateBook 14 2022】を18日に発売する。8GBメモリモデルと16GBメモリモデルの2種類を用意。

縦横比3:2の14型2,160×1,440ドットIPS液晶を搭載したノートPC。画面占有率は約90%で、最大輝度300cd/平方m、コントラスト比1,500:1を発揮する。16GBメモリを搭載する上位モデルではタッチパネルも備える。

CPUにはCore i5-1135G7を採用し、Shark Fin Fanやデュアルヒートパイプ設計といった冷却機構を内蔵。従来モデルと比べて最大で50%の冷却性能向上を実現したとする。そのほか、同社製スマートフォンとの連携機能Huawei Shareにも対応する。

主な仕様はほぼ共通で、Core i5-1135G7、512GB PCIe SSD、14型2,160×1,440ドット液晶、Windows 11 Homeなどを搭載。メモリ容量は上位モデルが16GB、下位モデルが8GBとなる。

インターフェイスは、USB Type-C、USB 3.0×2、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1、HDMI、720p Webカメラ、指紋センサー、音声入出力などを備える。

サイズは約308×224×15.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.49kg。バッテリー駆動時間は上位モデルが約12.9時間、下位モデルが約13.7時間。

店頭予想価格は14万4,800円前後、16万4,800円前後。

Follow me!