Mac Studio

アップルは、新SoC「M1 Ultra」搭載する小型デスクトップマシン【Mac Studio】を発表した。Apple StoreオンラインおよびApple Storeアプリで3月9日から予約を受け付け、Apple StoreとApple製品取扱店で3月18日より発売する。

「M1 Ultra」は、「M1 Max」ダイを2基連結させて1チップ化したSoCで、最大で20 CPUコア(高性能16+高効率4)、64 GPUコア、32ニューラルエンジン、128GBの統合メモリを搭載可能。

これにより、CPU性能は10コアの27インチiMacより最大3.8倍、16コアXeonのMac Proより最大90%、28コアMac Proより最大60%高速化。

GPU性能については、27インチiMacより最大4.5倍、現在利用可能な最速のMac用ビデオカードより最大80%高速化。

また、動画のトランスコードは27インチiMacより最大12倍、28コアMac Proより最大5.6倍高速で、世界で唯一M1 Ultra搭載Mac Studioだけが18本の8K ProRes 422ストリームの同時再生を可能という。

筐体はMac miniを縦に伸ばしたようなコンパクトなものとなっている。底面から吸気し、2基の内蔵ファンを経由して背面に排気する。

Mac Studio

インターフェイスは、本体前面にThunderbolt 4×2(M1 MaxではUSB 3.1)とSDXCカードスロット(UHS-II)、背面にThunderbolt 4×4、10Gigabit Ethernet、USB×2、HDMI、音声出力を装備。Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0にも対応する。

「M1 Ultra」搭載モデルの主な構成例は、メモリーが64GB(ユニファイドメモリー)、ストレージが1TB SSD。背面のインターフェイスは、Thunderbolt 4×4、10Gbps Ethernet×1、USB-A×2、HDMI×1、3.5mmヘッドホン×1を装備。前面には、Thunderbolt 4×2、SDXCメモリーカードスロットを備える。

「M1 Max」搭載モデルの主な構成例は、メモリーが32GB(ユニファイドメモリー)、ストレージが512GB SSD。背面のインターフェイスは、Thunderbolt 4×4、10Gbps Ethernet×1、USB-A×2、HDMI×1、3.5mmヘッドホン×1を装備。前面には、USB-C×2、SDXCメモリーカードスロットを備える。

サイズは197×197×95mm(幅×奥行き×高さ)、重量は、「M1 Ultra」搭載モデルが3.6kg、「M1 Max」搭載モデルが2.7kg。

価格は、「M1 Ultra」搭載モデルが499,800円より、「M1 Max」搭載モデルが249,800円より。

Follow me!