Studio Display

アップルは、、iPhone 11と同じA13チップを搭載する5K解像度の27型液晶ディスプレイ【Studio Display】を発表した。Apple StoreオンラインおよびApple Storeアプリで3月9日から予約を受け付け、Apple StoreとApple製品取扱店で3月18日より発売する。

解像度は5,120×2,880ドット(218ppi)で、輝度は600cd/平方m、表示色数は10億色、色域はP3対応。反射防止コーティングを施している。加えて、太陽光など強い光源のある作業空間向けに、オプションとして「Nano-textureガラス」も選択できる。

ディスプレイインターフェイスはThunderbolt 3(96W給電対応)で、周辺機器の接続用にUSB 3.1 Type-C×3も備える。

また、iPhone 11と同じSoCである「A13 Bionic」を内蔵しているのも特徴。視野角122度の1200万画素超広角カメラ(F2.4)で、動き回るユーザーを自動的にフレーム内に収める機能「センターフレーム」にも対応した。

3基のマイクアレイを搭載し、周辺ノイズを抑制したクリアな音声を実現しているという。

また2つの高性能ツイーターと4基のフォースキャンセリングウーファーも内蔵し、Mac向けで最も原音に忠実な音を再生できるとしているほか、これもA13と連携し空間オーディオをサポートする。

基本的なデザインは32型の「Pro Display XDR」を踏襲している。

サイズは623×168×478mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6.3kg。標準スタンドではパネルの上下角度だけを調整できるが、オプションで高さ調節も可能になるスタンドへ変更できる。また、スタンドを外してVESAマウントで縦置きにも対応する。

価格は19万9,800円より。

Follow me!