iPad Air

アップルは、M1チップを搭載した第5世代の新型【iPad Air】を発表した。3月11日からApple Storeオンライン、Apple Storeアプリで予約受付を開始。3月18日より発売する。ストレージのラインアップは、、64GB、256GBを展開。Wi-FiモデルおよびG対応のWi-Fi + Cellularモデルを用意。

SoCに「M1」を搭載し「パフォーマンスを次のレベルに」引き上げたという。チップの構成は8コアCPU、8コアGPU、16コアNeural Engine。これによりCP性能は従来モデル比で60%、GPU性能は2倍に引き上げられた。

ディスプレイは10.9インチのLiquid Retinaディスプレイで、輝度は500nit。P3広色域やTrueToneなどをサポートする。解像度は2,360×1,640ドット/264ppi。ステレオスピーカーを内蔵し、トップボタンにはTouchIDを搭載した。3軸ジャイロや加速度センサー、気圧計、環境光センサーも内蔵。

アウトカメラは1200万画素(F1.8)で「スマートHDR 3」に対応。動画撮影では、最大4K/60fpsの4K動画記録も可能だ。前面のFaceTime HDカメラは1200万画素(F2.4)で、視野角は122度となり、ユーザーの動きに合わせて自動的に向きを変える「センターフレーム」も利用できる。

5GとWi-Fi 6、Bluetoothにも対応。最大10Gbpsのデータ転送が可能なUSB Type-Cポートも備えており、ファイルサイズの大きい写真や動画データを、より高速に取り込むことができる。ディスプレイ接続時は最大6K解像度もサポートする。

アクセサリーとして、第2世代Apple PencilやMagic Keyboard、Smart Keyboard Folioをサポート。全6色展開(black、white、electric orange、dark cherry、English lavender、marine blue)のSmart Folioカバーも利用できる。

搭載OSはiPadOS 15。筐体には100%リサイクルのアルミニウム素材、ロジックボードのはんだ付けには100%リサイクル素材のスズを使うなど、環境にも配慮されている。

サイズは247.6×178.5×6.1mm(縦×横×厚み)、重さはWi-Fiモデルが461g、Wi-Fi+Cellularモデルが462g。1mのUSB Type-C充電ケーブル、20W USB Type-C電源アダプタが付属する。カラーはスペースグレイ、スターライト、ピンク、パープル、ブルーの5色。

Wi-FiモデルのApple Storeオンラインでの価格は、64GBが74,800円、256GBが92,800円。

Wi-Fi + CellularモデルのApple Storeオンラインでの価格は、64GBが92,800円、256GBが110,800円。

Follow me!