REALFORCE R3

東プレは、静電容量無接点方式採用のキーボード【REALFORCE R3】シリーズに英語配列6モデルを追加した。ラインアップは、荷重45gのフル配列とテンキーレス配列(ブラックとスーパーホワイトの2色から選択)、荷重30gのフル配列とテンキーレス配列(ブラックのみ)。

2021年11月に発売した日本語配列に続く英語配列版で、Bluetoothによる無線接続とUSBによる有線接続の両方に対応したハイブリッド接続となっている。すべて静音スイッチ、昇華印刷による消えにくいキーキャップ刻印などを採用する。

専用ソフトウェアを利用することで、全キーの割当変更やAPC機能(アクチュエーションポイントチェンジャー:押下反応位置調整)、オンボードメモリ機能が利用できるほか、別売りのパネルデザインキットにも対応する。

スイッチ寿命は5,000万回押下以上が謳われている。キー数は108(フルキー)または87、キーストロークは4mm。キーキャップはPBT製。

サイズおよび重量はフルキーモデルが465×163×30mm(幅×奥行き×高さ)/1.6kg、テンキーレスモデルが379×163×30mm(幅×奥行き×高さ)/1.3kg。USBケーブルは着脱式で、ケーブル長は1.8m。

価格はフルキーモデルが3万4,980円、テンキーレスモデルが3万4,540円。

Follow me!