ConceptD 7 SpatialLabs Edition (CN715-73G-SL76Z)

「裸眼での3D立体視を実現する」という没入型体験SpatialLabsテクノロジーを搭載した、クリエイター向け15.6型ノートPC【ConceptD 7 SpatialLabs Edition (CN715-73G-SL76Z)】の受注生産販売を開始した。

モバイルワークステーションの「ConceptD 7」をベースとして、目と顔の位置と動きを認識する「アイトラッキング技術」、3D表示を可能にするディスプレイ、3Dクリエイターの制作フローを効率化させる「リアルタイムレンダリング技術」、2Dコンテンツを3Dに変換する「AI技術」を組み合わせることで、「裸眼による3D立体視を実現する」というモデル。

「SpatialLabs」は、光学レンズを備えた液晶ディスプレイと視線追跡技術によって、裸眼立体視による3Dコンテンツの表示が行なえる技術。ConceptD 7 SpatialLabs Editionではディスプレイ上部にアイトラッキング専用のカメラを2基搭載し、2D/3Dの切り替え表示が可能な4K(3,840×2,160ドット)ディスプレイで3Dコンテンツを表示する。

3D用アプリとして「SpatialLabs Go」「SpatialLabs Model Viewer」「SpatialLabs Player」の3つを用意している。

「SpatialLabs Go」は、2D画面上に表示したモデリングソフトで編集した3DモデルをConceptD 7 SpatialLabs Editionの画面で立体表示するアプリ。対応ソフトはBlenderとMAYA。なお編集画面用のディスプレイは別途用意する必要がある。このほかAIによってフルスクリーン2Dコンテンツをリアルタイムで擬似的に3D変換して表示する機能も備える。

「SpatialLabs Model Viewer」は、読み込んだ3Dモデルデータを裸眼立体視できるビューワー。ユーザーの目と頭の位置を追尾し、画面上で3Dモデルを動かしたり、ユーザー自身が頭の位置を動かすと、位置に応じてモデルが傾いて見える。

「SpatialLabs Player」は、右目用と左目用の映像を左右に並べたサイドバイサイド方式の動画を3D表示できるプレイヤー。

ディスプレイの色域はAdobe RGB 100%。色精度はDelta E 2未満としている。パネルはIPS。

主な仕様は、CPUがCore i7-11800H、メモリ64GB、ストレージ1TB SSD、GPUはGeForce RTX 3080 Laptopなど。

インターフェイスはThunderbolt 4×2、USB 3.2 Type-A×2、DisplayPort×1、HDMI×1、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1、Gigabit Ethernet、SDカードリーダー、音声入出力など。

サイズは358.5×260×25.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.5kg。バッテリー駆動時間の目安は約6時間。カラーは「The White」。

Follow me!