ConceptD 7 SpatialLabs Edition (CN715-73G-SL76Z)

裸眼立体視に対応した15.6型ノートPC【ConceptD 7 SpatialLabs Edition (CN715-73G-SL76Z)】を一般市場向けにも投入すると発表した。ビックカメラグループ、ヨドバシカメラ、Joshin、ZOAのECサイト、Acer公式オンラインストアのみで受注生産販売する。

「裸眼での3D立体視を実現する」という没入型体験SpatialLabsテクノロジーを搭載した、クリエイター向け15.6型ノートパソコン。

目と顔の位置と動きを認識する「アイトラッキング技術」、3D表示を可能にするディスプレイ、3Dクリエイターの制作フローを効率化させる「リアルタイムレンダリング技術」、2Dコンテンツを3Dに変換する「AI技術」を組み合わせることで、「裸眼による3D立体視を実現する」という。

また、裸眼3D体験に必要なアプリケーションを各種、標準搭載したのも特徴。主要な3D形式のファイルをインポートして立体3Dで表示する「SpatialLabs Model Viewer」、BlenderおよびMAYA(PiStage)の3Dソフトウェアを使用してリアルタイムレンダリング技術によって2Dで編集をし、立体3Dでリアルタイムに表示する「SpatialLabs Go」、右目用と左目用の映像を左右に並べたサイドバイサイド方式のビデオを立体3D表示する「SpatialLabsPlayer」といった3つのアプリを、3Dアプリ管理ツール「SpatialLabs Experience Center」内で提供している。

このほか主な仕様は、CPUがCore i7-11800H、64GBメモリ、ストレージが1TB SSD、GPUがGeForce RTX 3080 Laptopなど。OSは64bit版 Windows 11を搭載。裸眼立体視による3D表示を実現したディスプレイは15.6型の4K UHD(3,840×2,160ドット)解像度で、光学レンズを備えた液晶ディスプレイと視線追跡技術によって裸眼立体視による3Dコンテンツの表示が行なえる技術「SpatialLabs」を搭載。

インターフェイスは、USB 3.2 ポート×2(Type-C、Gen 2、Thunderbolt 4対応)、USB 3.2×1(Type-A、Gen 2、電源オフUSB充電機能付き)、USB 3.2×1(Type-A、Gen 2)、ヘッドセット/スピーカー×1、HDMI出力(HDCP対応)×1、DisplayPort出力×1、SDメモリーカードリーダー×1、ギガビットLAN×1、DC×1を装備した。Bluetooth 5.1、IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LAN規格をサポート。

サイズは358.5×260×25.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.5kg。カラーはThe White。バッテリー駆動時間(標準)は約6時間。

価格はオープンプライスで、直販価格は646,800円。

Follow me!