Function

NZXTは、グローバル市場で既に販売が開始されている【Function】シリーズキーボード3製品、【Lift】マウス、【M】シリーズマウスパッド3製品の計7製品、国内での販売を8月5日に開始する。

【Function】シリーズは、Cherry MX互換スイッチとのホットスワップに対応したキーボード。フルサイズの【Function】、テンキーレスの【Function Tenkeyless】、テンキーレスコンパクトの【Function Minitkl】の3モデルを用意。

キースイッチには標準でGateron Redを搭載し、ホットスワップにも対応。USBケーブルも着脱式で交換できる。筐体にはアルミニウムを使用し、高い剛性を実現。キーごとのバックライトLEDや音量調整ホイールも装備し、マクロやNキーロールオーバー、Windowsキーロック機能なども搭載する。

サイズは、【Function】が442×127.8×40.3mm(幅×奥行き×高さ)、【Function Tenkeyless】が361.7×127.8×40.3mm(幅×奥行き×高さ)、【Function Minitkl】が338.5×123.4×40.3mm(幅×奥行き×高さ)。キー配列はすべて英語のみ。各モデルでブラックとホワイトの2色を用意。

価格は、【Function】が2万2,000円、【Function Tenkeyless】が1万9,800円、【Function Minitkl】が1万8,480円。

【Lift】は、重量を67gに抑えた軽量有線ゲーミングマウス。

67gの軽量設計により、疲れにくく軽快な操作が行なえるという5ボタンゲーミングマウス。センサーにはPixArt 3389を採用し、最大解像度は16,000dpiまで対応する。各スイッチにはオムロン製スイッチを使用し、2,000万回以上のクリック耐久性を実現したほか、表面の抵抗を限りなく抑えたパラコードケーブルを装備している。

サイズは67.23×126.8×38.35mm(幅×奥行き×高さ)。カラーは、ブラックとホワイトの2種類を用意する。

価格は7,920円。

【M】シリーズは、汚れに強く低摩擦なコーティングを表面に施したマウスパッド。幅410mmの【MMP400】、幅720mmの【MXP700】、幅900mmの【MXL900】の3モデルを用意。

 3種類のサイズと3色のカラーバリエーションにより、あらゆる環境に対応できるとする。表面のコーティングにより、長期間使っても汚れにくく、軽い力でマウスを操作できるという。

サイズは、【MMP400】が410×350mm(幅×奥行き)、【MXP700】が720×300mm(幅×奥行き)、【MXL900】が900×350mm(幅×奥行き)。各モデルでグレー、ホワイト、ブラックの3色を用意。

価格は、【MMP400】が2,750円、【MXP700】が3,520円、【MXL900】が4,180円。

また、140mmまたは120mmのPCケースファン【F】シリーズも販売。

RGB LEDリングを搭載した【F RGB】、静音性を高めた【F Q】、およびLEDコントローラとF RGBをセットにしたパックを用意。

【F RGB】は、18個のLEDによって粒感のない淡い発光を実現したLED搭載ファン。価格は140mmが3,300円、120mmが3,080円。それぞれブラックとホワイトの2色を用意。

【F Q】は、9枚のブレードにより風量と静音性を両立したファン。価格は140mmが1,980円、120mmが1,650円。それぞれブラックとホワイトの2色を用意。

LEDコントローラのF RGBのセットについては、140mmファン2基とコントローラ、120mmファン3基とコントローラの2モデルを用意。価格はそれぞれ8,580円、1万780円。各モデルで、ファンの色はブラックとホワイトの2種類を用意。

Follow me!