ASV15-1BP

日本エイサーは、裸眼での3D立体視を実現する没入型体験SpatialLabs(スぺイシャルラボ)テクノロジーを搭載した液晶モニター SpatialLabs View Pro【ASV15-1BP】、およびSpatialLabs View【ASV15-1B】を8月31日より予約受付を開始し、10月下旬に発売する。

SpatialLabs技術として、製品本体上部のWebカメラの両脇に専用カメラを搭載。ユーザーの目と顔の動きを認識してトラッキングする。ディスプレイ表面に光学レンズを接着しており、左右の目に見せるイメージセットを作成。ディスプレイと光学レンズを通して表示させることで、裸眼での3D表示を実現する。2Dモードと3Dモードの切り替えも可能。

いずれも15.6型のISPパネルを採用した4K(3,840×2,160ドット)ディスプレイで、折りたたみ式のスタンドを備える。読み込んだ3Dモデルデータを裸眼立体視できる「SpatialLabs Model Viewer」、2D画面上に表示したモデリングソフトで編集した3Dモデルを立体表示する「SpatialLabs Go」、サイドバイサイド方式の動画を3D表示できる「SpatialLabs Player」などのアプリを提供している。

両者のおもな違いは裸眼立体視状態で利用可能なアプリケーションで、【ASV15-1BP】ではUnreal EngineのDatasmithや3Dデータ共有サービス「Sketchfab」、ハンドトラッキング技術「Ultraleap」が利用できる。さらに、色精度が⊿E<2相当に調整されており、VESAマウントにも対応している。

【ASV15-1B】はVESAマウント非対応だが、色空間はAdobe RGB 100%となるほか、本機のみ対応ゲームタイトルを裸眼立体視できる「TrueGame」が利用可能となっている。

必要環境はCPUが第8世代Core i7以上、GPUがGeForce RTX 2080以上(ノートの場合はRTX 3070 Ti以上)、OSはWindows 10以降。

店頭予想価格は【ASV15-1BP】が30万円前後、【ASV15-1B】が25万円前後。

名称・型番 Acer SpatialLabs™ View Pro
ASV15-1BP
Acer SpatialLabs™ View
ASV15-1B
総合アプリケーション SpatialLabs™ Experience Center Professional SpatialLabs™ Experience Center
アプリケーション SpatialLabs™ Model Viewer*Datasmith対応、Sketchfab対応 SpatialLabs™ Model Viewer*Datasmith非対応、Sketchfab非対応、対応ソフトへのアドオン非対応
SpatialLabs™ Go SpatialLabs™ Go
SpatialLabs™ Player SpatialLabs™ Player
SpatialLabs™ TrueGame
各種対応 Unreal Engine対応
Ultraleapハンドトラッキング認識技術対応
ハードウェア VESAマウント(100×100mm)対応
Adobe® RGB100%、Delta E<2 Adobe® RGB100%
本体色 ブラック スティームブルー

Follow me!