HUAWEI MateBook D 16

CPUにCore i5-12450Hを搭載し、15.6型モデル並みのボディサイズに16型の大画面を実現した軽量ノートPC【HUAWEI MateBook D 16】が発売した。メモリ8GBモデル、16GBモデルを展開。

画面占有率が90%に達するWUXGA表示対応16型液晶ディスプレイを採用しつつ、一般的な15.6型より一回り小さいフットプリントを実現する。

付属のACアダプタはUSB Type-Cの65Wタイプで、ほかのUSB Type-C対応充電デバイスに充電可能。従来モデル(MateBook D 15 2021年モデル)と比較して30%コンパクトになり、重量も約126gに抑えた。

前面カメラは1080p解像度となっており、AI機能によりディスプレイに向いている目の視線をカメラへの視線に補正し、Web会議でアイキャッチがしやすくなるほか、常に被写体(人物)を中央に映す機能、バーチャル背景機能などを搭載する。

さらに、本体前面にクアッドAIマイクを備え、最大5m離れた距離からの声もキャッチする機能を搭載。ヘッドセット装着し、パーソナル音声強化機能を使えば、周囲の音や声を遮断することが可能。

キーボードは1.5mmのキーストロークを確保し、長時間のタイピングでも疲れないソフトランディング設計を採用。多層塗装をキートップに施し、耐摩耗回数が2倍となった。また、テンキー上部に電卓起動ボタン、独自の高速検索「AI Search」、ホーム画面表示、カメラオン/オフ切り替えのホットキーを備える。

このほか、ヒンジ部に「HUAWEI Metaline Antenna」を備え、信号の変換効率を向上させ、信号が弱い環境でのダウンロード速度を55%向上(MateBook D 15 2021年モデル比)させたとしている。

メモリ容量以外の仕様は共通で、1,920×1,200ドット(WUXGA)16型ディスプレイ、CPUがCore i5-12450H、512GB NVMe SSD、OSにWindows 11 Homeなどを搭載する。

インターフェイスはUSB 3.0 Type-C(充電、DP Alt対応)、USB 3.0、USB 2.0 Type-C(充電対応)、USB 2.0、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1、HDMI 2.0出力、1080p対応Webカメラ、指紋センサー(電源ボタン一体型)、音声入出力などを搭載する。

サイズは356.7×248.7×18.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.7kg。バッテリーは60Whで、駆動時間は約9時間。

価格は、メモリ8GBモデルが17万2,800円、16GBモデルが19万2,800円。

軽量でスタイリッシュなデザインが特徴のビジネスバッグ【HUAWEI Stylish Backpack】、人間工学に基づいたグリップ設計で長時間使用しても疲れにくい設計のワイヤレスマウス【HUAWEI Wireless Mouse】も同時発売。

【HUAWEI Stylish Backpack】は、ロールトップデザインにより荷物の量に合わせてサイズを調整できるほか、16インチのノートPCも仕舞える収納力を備えている。ロールトップデザインにより、荷物の量に合わせてサイズを調整できる。920gと軽量で、100% PU素材を使用しており雨の日にも安心な防水設計となっているため、ビジネスシーンだけでなく、プライベートでの外出や小旅行にも活躍する。さらに、サイドファスナーと豊富な内ポケットも備わっており、機能性も充実している。

【HUAWEI Wireless Mouse】は、表面はマイクロフリース塗装仕上げで滑りにくく、汗をかいてもさわやかかつ滑らかな触り心地となっている。また、BluetoothとUSBの2種類のワイヤレス接続に対応。高性能TOGセンサーを搭載しているため、ガラス面でも自在に操作可能。解像度は800/1,200/2,000/3,000dpiで4段階で調整可能。3つのBluetoothデバイスを切り替えて接続でき、それぞれに適したセンサー解像度に設定することもできる。

価格は【HUAWEI Stylish Backpack】が9,800円、【HUAWEI Wireless Mouse】が4,800円。

Follow me!