Keychron Q2 QMK ノブバージョン

コペックジャパンは、クリエイティブなワークフローを強化するために設計されたプレミアム・ロータリーエンコーダーノブを備えたKeychron製のコンパクトなレイアウトのフルカスタマイズ可能な有線メカニカルキーボード【Keychron Q2 QMK ノブバージョン】を発売した。

キーボード右上にカスタム可能なロータリーエンコーダーノブを備えたテンキーレスのメカニカルキーボード。ズームイン/アウトや画面の明るさ、音量など好みの機能を設定できる。QMKおよびVIAをサポートし、各キーのカスタマイズが簡単に行なえるのも特徴で、WindowsとMacでキーレイアウトを切り替えるスイッチも備える。

キースイッチはGateron G Proの赤/青/茶軸から選択でき、ホットスワップソケットの採用により、3ピンまたは5ピンのCherry MX互換スイッチとの交換も可能。キーごとのRGB LEDバックライトも内蔵する。加えて、US配列モデルでは、摩耗に強いダブルショットPBTキーキャップを使用している。

6063アルミニウムを使用し、CNC加工、研磨、アルマイト仕上げ、サンドブラスト、さらに24の製造工程を経て製造している。接続インターフェイスはUSB Type-C。

サイズは327.5×121×20~33.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1,645±10g。カラーはカーボンブラック、シルバーグレー、ネイビーブルー。

価格は3万3,990円。

Follow me!