Predator Helios 300 SpatialLabs Edition

日本エイサーは、裸眼3D立体視技術搭載のゲーミングノートPC【Predator Helios 300 SpatialLabs Edition (PH315-55s-SL93Z)】を11月11日にに発売する。

現行のPredator Helios 300をベースに、裸眼3D立体視技術「SpatialLabs」対応ディスプレイを搭載したゲーミングノートPC。

SpatialLabsの裸眼3D立体視では、ディスプレイ上部に備えたアイトラッキング専用のカメラでユーザーの視線を追跡し、光学レンズを備えた液晶パネルでユーザーの顔の位置と視線に合わせた3Dコンテンツの表示を行なう。Dコンテンツをリアルタイムにレビュー、レンダリングすることで、デザインなどの制作フローを効率化。2D画像や映像を3Dに自動変換するAI技術搭載。

裸眼3D体験に必要なアプリケーションを各種標準搭載。対応ゲームタイトルを裸眼立体視に対応させる「TrueGame」、3Dモデル立体視用ビューワ「SpatialLabs Model Viewer」、サイドバイサイドのフルスクリーンコンテンツを立体視モデルに変換する「SpatialLabs Go」、サイドバイサイドの立体視ビデオを再生できる「SpatialLabs Player」などが利用できる。

ディスプレイは15.6型IPS光沢パネルで解像度は4K(3,840×2,160ドット)。色精度はΔE<2、色域はAdobe RGB 100%となっている。

冷却システムでは、通常のファン1基に加え、同社独自の冷却システムである第5世代「AeroBlade 3Dファン」1基を設置。このほか、2つの専用キーである、独自機能のシステム設定アプリ「PredatorSense」にアクセスが可能なPredatorSenseキーと、Turboキーを配置した。

そのほかの主な仕様としては、CPUがCore i9-12900H、GPUがGeForce RTX 3080 Laptop、メモリが32GB、ストレージが1TB SSD M.2 PCIe NVMe SSD。

インターフェイスはThunderbolt 4、USB 3.2(Type-A)×3、HDMI、Mini DisplayPort、Gigabit Ethernetなど。

サイズは359.4×274.6×26.9~27.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約3kg。バッテリー駆動時間は約6時間。カラーはアビサルブラック。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は64万円前後。

Follow me!