BOOX Leaf2

SKTは、ONYX International製の7型E Ink採用Androidタブレット【BOOX Leaf2】を、11月18日よりSKTNETSHOP、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングで販売する。

物理ボタンを採用した7型EInkタブレット。OSはAndroid 11を採用し、GooglePlayを利用することで、KindleやKobo、Honto、DMM、SonyReaderなどの汎用電子書籍リーダーとして使用できる。microSDXCカードに対応し、最大512GBまでのストレージ拡張が可能。

カラーは、ホワイトとブラックの2色を用意。なお、画面の仕様が異なっており、ホワイトモデルは、カバーガラスなしでパネルとベゼル部分にわずかな段差はあるが、コントラストが高く、E Inkの文字がくっきりときれいに表示される。ブラックモデルは、カバーガラスを搭載しており、フラットパネルにすることで、アプリを使用するときにタッチやジェスチャー機能が使いやすくなっている。

暖色と寒色のデュアルトーンフロントライトを搭載しており、薄暗い環境や暗闇でも画面を見ることができる。

主な仕様は、CPUがQualcomm製の4コア、メモリが2GB、ストレージが32GBのeMMC、ディスプレイが1,680×1,264ドット表示対応の7型E Ink Carta、OSがAndroid 11。

インターフェイスは、USB Type-C(OTG対応)、Wi-Fi 5、Bluetooth 5.0、microSDXCカードスロットなど。バッテリー容量は2,000mAh(スタンバイ状態で26日)。

サイズは156×137×6mm(幅×奥行き×高さ)、重量はブラックモデルが185g、ホワイトモデルが170g。

直販価格は34,800円。

Follow me!