INZONE M3

ソニーは、ゲーミングブランド「INZONE」より、240Hz駆動に対応した27型フルHDのゲーミングモニター【INZONE M3】を12月1日に発売する。

フルHD(1,920×1,080ドット)のIPS液晶パネル(ノングレア)を搭載し、DisplayHDR 400に対応。エッジ型LEDバックライトを備え、ピーク輝度は400cd/平方メートル。ダイナミックコントラスト比は1,000:1。

NVIDIAのG-SYNC Compatible、VRR(HDMI 2.1)の両方に対応し、PCでもPS5でも、表示のカクつきを抑える。色域はsRGB 99%に対応し、最大色表示は10.7億色。視野角は上下左右178度。

PC用に設定ソフト「INZONE Hub」を用意。プレイするゲームタイトルごとに異なった設定を保存することもできる。eスポーツ専用機にも劣らない画質調整設定の項目数を用意し、調整幅も0~100%を選択できる項目を多く用意したとのこと。これらの設定はゲームタイトルごとに保存することもできる。

PS5との連携機能として、オートHDRトーンマッピング、コンテンツ連動画質モードを備えた。

パソコンとPS5などのコンソールゲーム機を両方M3に接続した時に、入力切り替えと共に、自動でキーボード、マウス、ヘッドセットの接続先を切り替えてくれる「オートKVMスイッチ」にも対応する。

インターフェイスは、DisplayPort 1.4×1、HDMI 2.1×2、USB-A×3(ダウンストリーム)、USB-B×1(アップストリーム)、USB-C×1(DP Alt mode/アップストリーム)。ステレオミニの音声出力も備えている。これとは別に、2W×2のスピーカーも内蔵する。

スタンドは「INZONE M9」と同じ三脚型。キーボードやマウスを収納・配置しやすくしており、PS5にも合わせやすいデザインとしている。スタンドは高さ調整とチルト機能に対応し、設置面からディスプレイの下部まで46mm~116mmの範囲で調整できる。チルト角度は20度。

ACアダプターは「INZONE M9」よりも小型のものを採用する。小型ながら高い安全基準で設計されており、消費電力最大時でも発熱を抑えている。

スタンドを含めたサイズは約61.5×24.8×47.9cm(幅×奥行き×高さ)。DisplayPortケーブルや、Color Calibration Factory Reportなどが付属する。カラーはホワイト。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は86,000円前後。

Follow me!