BOOX Nova Air2

SKTは、ONYX InternationalのAndroid搭載7.8型E Inkタブレット【BOOX Nova Air2】を発売した。

7.8型電子ペーパー搭載のAndroid11対応E Inkタブレット。ケース側の物理ボタンが使える電子書籍リーダーとして、4096段階筆圧検知可能なワコムスタイラスが備わった電子メモ帳として好評を博していた「BOOX Nova Air」が、より進化した構成にアップグレード。合わせてデザインもアイボリーホワイトに一新。本体背面はマグネシウム合金を採用。

ディスプレイには、フラットな7.8型E Ink Cartaフレキシブルスクリーンを採用。解像度は1,872×1404ドット(300dpi)。フロントライトは暖色および寒色に対応。

Androidが使えるため、さまざまな電子書籍ストアのリーダーとして利用可能なほか、PDF、EPUB、MOBI、DJVUといった電子書籍フォーマットに対応。また、内蔵スピーカーや無線イヤホンを使い、オーディオブックを聴いたり、Text-to-Speechサービスを使ったりできる。

物理ボタン付きマグネットケースを使えば、左右どちらの手でも簡単にページをめくることができる。

スタイラス「BOOX Pen Plus」が付属し、本体のサイドに装着して持ち運べる。4,096段階の筆圧や超低遅延などが特徴で、内蔵の「NeoReader」アプリでは直接PDFに書き込んだりできる。なおひっくり返すと消しゴムになる機能を備えた「BOOX Pen2 Pro」も別売りで利用可能。

従来モデル「BOOX Nova Air」よりもアップグレードしたCPU「クアルコム8コア」を採用。そのほか仕様はメモリが3GB(LPDDR4X)で、ストレージは32GB eMMC。ディスプレイは1,872×1,404ドット表示対応の7.8型E Ink Carta。

インターフェイスはUSB Type-C、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0など。

サイズは136.5×194×6.3mm、重量は235g。バッテリー容量は2,000mAh。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は49,800円前後。

Follow me!