HUAWEI MatePad SE 10.4"

ファーウェイ・ジャパンは、10.4型の2Kファーウェイフルビューディスプレイを搭載し、エンターテイメントを楽しむ際に最適なタブレット【HUAWEI MatePad SE 10.4″】を発売した。ラインアップは、メモリ3GB/ストレージ32GBモデル、メモリ4GB/ストレージ64GBモデルを用意。

画面占有率83.6%の2K(2,000×1,200ドット)10.4型のIPS液晶を搭載。加えて、重量は約440gと軽量で、持ちやすいカーブデザインの本体を採用。

独自技術の「HUAWEI Histen 8.0」による立体音響機能を搭載。デュアルスピーカーを搭載しており、クリアで厚みのある音を届けられるという。

HUAWEI eBookモードに対応。画面を下にスワイプするだけで、コントロールパネルから簡単にHUAWEI eBookモードに切り替えることができる。画面の明るさやコントラストを自動的に調整し、コンテンツをグレースケール表示することで、読書に最適な環境を作り上げるという。また、ブルーライトがカットされるため、長時間の閲覧でも目が疲れにくく、読書を長時間楽しみたい際に役立つ機能とのこと。

キッズモードを搭載。ウェブサイトや、指定したアプリへのアクセス、また、子供のタブレット使用時間の設定など、タブレット使用の管理ができるので、安心して使用できる。

さらに、マルチウィンドウ機能に対応しており、直感的な操作で画面を最大3分割表示することができる。

その他の主な仕様は、プロセッサがSnapdragon 680、OSがHarmonyOS 3.0、バッテリー容量が約5,100mAh。

インターフェイスはUSB 2.0 Type-C、IEEE 802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 5.0、約200万画素前面/約500万画素背面カメラ、microSDカードスロットなどを備える。

サイズは約246.9×156.7×7.85mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約440g(バッテリーを含む)。カラーはグラファイトブラック。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格はメモリ3GB/ストレージ32GBモデルが31,800円前後、4GB/64GBモデルが34,800円前後。

Follow me!