WXR-6000AX12P

バッファローは、Wi-Fi 6に対応し、家庭内のネットワークを守る「ネット脅威ブロッカー2 プレミアム」を搭載したハイパフォーマンスモデル【WXR-6000AX12P】を、2月上旬より発売する。

メインプロセッサーに664bitで2.2GHzクアッドコアの高性能CPUを搭載し、5GHz帯で最大4803Mbps(8ストリーム)、2.4GHz帯で最大1147Mbps(4ストリーム)の無線通信を実現したハイパフォーマンスモデル。メッシュネットワーク機能では「Wi-Fi EasyMesh」に対応する。

また、帯域幅の異なる端末(80MHz/160MHz)に対しそれぞれのパフォーマンスを最大化する独自アンテナ8×8外付け「デュアルスタックダイポールアンテナ」を搭載。設置環境に応じてアンテナ配置をカスタマイズし、通信環境の最適化を実現する。

さらに、セキュリティ機能として「ネット脅威ブロッカー2 プレミアム」を1年間無料で利用できる。家庭にあるスマート家電を、外部からの不正な遠隔操作や、マルウェア等によるパソコン内のデータ、防犯カメラの映像などの個人情報流出を防ぐ。また、家庭の機器が踏み台にされて他者の機器をDoS攻撃することからも防ぐという。

有線ポートは、10ギガビットWAN×1、10ギガビットLAN×1、ギガビットLAN×3を装備する。

サイズは300×75×195mm(幅×奥行き×高さ、本体のみ、アンテナおよび突起部除く)、重量は約1580gm(本体のみ)。

店頭予想価格は42,980円前後。

Follow me!