QuattroPod

プリンストンは、ワイヤレスでPCやスマートフォンなどの映像をモニターに投影できる【QuattroPod】シリーズを、3月29日に発売する。受信機と送信機のセット【QUATTROPOD-MINI-1T1R】、受信機単体モデル【QUATTROPOD-R01】、送信機単体モデル【QUATTROPOD-T02】をラインアップ。

送信機と受信機で構成され、アプリやドライバーのインストールをする必要がない簡単設計でPCやスマートフォン、タブレットなどの映像やプレゼンテーション資料をモニターに投影することができる。1台の受信機に対して、送信機の映像を最大4分割で同時に表示することができ、最大32台の送信機を受信機へ接続することが可能。

そのほか、AirPlay/Miracast/Google Cast環境での接続にも対応し、それぞれの機能を利用することで送信機を使用せずに受信機を介して映像を投影可能。

また、送信機1台から複数の受信機(最大6台までを推奨)へ出力するマルチキャスト機能にも対応し、使用環境にあわせた様々な組み合わせで利用できる。

受信機の主な仕様は、出力解像度が最大4K/30Hz。インターフェイスはHDMI出力×1、USB Type-A(メス)×1、RJ-45を装備。

サイズは120×80×25mm(幅×奥行き×高さ/アンテナを含まず)、重量は約150g。

送信機の主な仕様は、入力解像度が最大1,920×1,080ドット/60p。インターフェイスはHDMI入力×1、USB Type-A(メス)×1、USB Type-A(オス)×1を装備。

サイズは60×60×22mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約75g。

店頭予想価格は、【QUATTROPOD-MINI-1T1R】が54,800円、【QUATTROPOD-R01】が41,800円、【QUATTROPOD-T02】が25,800円。

型番QUATTROPOD-R01(受信機/親機)QUATTROPOD-T02(送信機/子機)
最大解像度出力:4K30Hz入力:1920 × 1080 @ 60p
インターフェイスHDMI 出力× 1USB Type-A( メス) × 1RJ-45HDMI 入力× 1USB Type-A( メス) × 1USB Type-A( オス) × 1
HDCPHDCP1.4
無線LAN802.11ac[5GHz 帯](36 ~ 48ch)(2T2R 866Mbps)802.11ac[5GHz 帯](36 ~ 48ch)(1T1R 433Mbps)
有線LAN10/100/1000M、PoE サポート
電源USB-AC 給電(5V/2A)LAN ポート(PoE)※1USB 給電(5V/0.9A)
消費電力最大10W(スタンバイ5W)最大4W(スタンバイ2W)
外形寸法(W)120×(D)80×(H)25mm(アンテナ含まず)(W)60×(D)60×(H)22mm
本体質量約150g約75g

Follow me!

FunLogy Lantern Previous post FunLogy【FunLogy Lantern】無段階調光/無段階調色のLEDランタンがAmazonにて29%OFFの4,980円
Comfo Run Next post EDIFIER【Comfo Run】人間工学に基づいた軽量デザインで、大口径16.2mmドライバー搭載のオープンイヤー型ワイヤレスイヤホンがAmazonにて33%OFFの7,980円