ROG Ally X

ASUS JAPANは、ポータブルゲーム機の「ROG Ally」シリーズの最新モデルとして、1TB(PCI Express 4.0 x4接続)の大容量SSDストレージや24GB(LPDDR5X-7500)の高速かつ大容量メモリを搭載し、バッテリー容量も2倍にアップグレードされたアドバンスモデル【ROG Ally X (RC72LA-Z1E24G1T)】を、7月24日より発売する。7月1日より順次予約受付開始予定。

「ROG Ally」のユーザーからのフィードバックをもとに再設計。あらゆるゲームタイトルで高いパフォーマンスを発揮するAMD Ryzen Z1 Extremeプロセッサーの搭載はそのままに、マザーボードが見直されたことにより排熱処理が向上し、さらには「ROG Ally (RC71L-Z1E512 / RC71L-Z1512)」の2倍の容量となる80Whのバッテリーを搭載することで、よりパフォーマンスを向上させることに成功しつつ、快適な携帯性は変わることなく、長時間のゲームプレイも可能になっている。

「ROG Ally(RC71L-Z1E512)」にも搭載されていた、先進のAMD Zen 4アーキテクチャを採用した最大8.6TFlopsのAMD Ryzen Z1 Extremeプロセッサーを搭載。強力なグラフィックス性能を搭載し、圧倒的なパワーを発揮可能にするAMD RDNA 3 グラフィックスとの組み合わせにより、ポータブルゲーミング機では到達出来なかったレベルのパフォーマンスを実現。

「ROG Ally (RC71L-Z1E512 / RC71L-Z1512)」より搭載ストレージ、メモリ、バッテリーが大幅に向上した。ストレージには1TB (PCI Express 4.0 x4接続 NVMe/M.2)のSSDを採用したため、大容量ゲームタイトルを複数インストールすることが可能。また、24GBのLPDDR5X-7500メモリの圧倒的な処理スピードと大容量により、ゲームプレイとストリーミングなどの複数の処理も軽快に行える。

バッテリー容量は「ROG Ally (RC71L-Z1E512 / RC71L-Z1512)」の2倍の80Whとなっており、AAAゲームタイトルプレイ時もより長いバッテリー駆動を実現した。すべてにおいて強化したが、本体の軽さは約678gと先代モデルに比べて約70gしか変わっておらず、持ち運び性能はそのままに性能が向上。

ゲームプレイ中に操作の妨げにならないよう、上部側にインターフェースを搭載。USB4 (Type-C/Power Delivery対応)、USB3.2 (Type-C/Gen2/Power Delivery対応) を搭載し、給電しながらでもさまざまデバイスを接続できるようになった。またmicroSDカードリーダーや指紋認証対応電源ボタン、Hi-Resにも対応したマイクロホン/ヘッドホン・コンボジャックを搭載。

最新のAMD FidelityFX Super Resolution 3(FSR 3)とAMD Fluid Motion Frames(AFMF)機能にも対応しているので、高機能フレーム生成により、お気に入りのゲームで、さらに滑らかでよりスムーズなゲーミング体験が可能。

ユーザーフィードバックを反映し、エアフローを改善することで、より排熱と冷却性能を向上させた。どの角度でプレイしても快適に使用できるように特別に設計されたヒートパイプと、マザーボードとディスプレイパネルの間に送風することができるデュアルファンを搭載し、さらに上部に新しい3番目の通気孔を搭載したことで、最大6℃のタッチパネルの温度低下を実現。またROGダストフィルターを搭載し、ファンに異物が入らないように保護し、冷却性能の低下を防ぐ。

長時間ゲームをプレイしても疲れにくいデザインとなっており、持ちやすさを追求したエルゴノミクスデザインを採用。本体のグリップ性能を高めるために、背面部分の「ROGトライアングルテクスチャー」を刷新した。また、ボタンレイアウトの角度を若干広げることで、自然な入力が可能なボタン配置となっている。L/RトリガーおよびL/Rバンパー部分は角度がつけられており、指を置いたときに自然に操作が可能で、素早い入力にも対応できる。

ユーザーフィードバックをもとに、ジョイスティックとD-Padを改善した。新しいジョイスティックは500万回の耐久試験をクリアしており、D-Padは格闘系ゲームやレトロゲームなどにおける8方向入力がより正確に行えるようデザインも変更。

タッチ操作対応のリフレッシュレート120Hzの高速駆動液晶を搭載しているので、動きが速いゲームでも敵の動きなどをよりなめらかにハッキリと表示することができる。また、最大輝度が500cd/m2と明るく、周囲が明るい場所でも問題なく画面を視認することが可能。画面の表面には業界トップレベルの耐衝撃性と耐擦傷性を誇るCorning Gorilla Glass Victus、コーティングには反射防止性能に優れたCorning Gorilla Glass DXCを使用しているので、どのような環境でも画面が見やすく、バッグなどに入れての持ち運びや外での使用も安心快適。

マルチゲームプラットフォーム環境をより便利に簡単に使えるように、ASUS独自機能の「Armoury Crate SE」がプリインストール。複数のゲームプラットフォームのゲームを一覧表示して、タッチ操作やコントローラー操作で簡単に起動することができる。「Armoury Crate SE」では、ほかにもコントローラーの設定などを行うことができる。

ASUS独自機能のコマンドセンターがプリインストールされており、ゲーム中にメニューを呼び出してさまざまな機能を実行することができる。たとえば、ゲームのフレームレートを表示したり、CPUの使用率を表示したり、ゲーム画面をキャプチャ、録画したり、ソフトウェアキーボードを表示したり、マイクのオンオフを切り替えたりといったことが可能。ほかにもさまざまな便利機能を搭載。

Windows Helloに対応した指紋認証センサを搭載しており、外出先でも高いセキュリティを実現できる。複数のアカウントを作成してそれぞれに異なる指紋を登録できるので、家族で【ROG Ally X】を共用する場合でも簡単に各使用者のアカウントに切り替えることが可能。

最新のゲームタイトルをプレイすることができるサブスクリプションサービスの「Xbox Game Pass」の「Xbox Game Pass Ultimate(3ヶ月利用権)」が付属しており、Windowsの初期設定後、180日以内に有効化することで、最新のものからレトロなものまで、数百を超えるゲームタイトルを体験することができる。

主な仕様は、ディスプレイがタッチ対応の7型(1,920×1,080ドット)光沢液晶、CPUがRyzen Z1 Extreme、メモリがLPDDR5X-7500 24GB、ストレージが1TB NVMe SSD、OSにWindows 11 Homeなどを搭載する。

インターフェイスは、USB4、USB 3.1 Type-C、microSDカードスロット、Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.4、音声入出力、指紋/加速度/ジャイロセンサーなどを搭載する。バッテリー容量が80Wh、バッテリー駆動時間が約11.7時間。

サイズは280.6×111.3×24.7~36.9mm、重量は約678g。

予約開始を記念し、公式オンラインストア「ASUS Store」で購入したユーザーを対象に、カプコンフィギュアビルダー モンスターハンター モンスターコレクションギャラリー Vol.2の中から、フィギュアを1つプレゼントする。

ROG Ally Premium Hard Case

Follow me!