Bryton Rider 750SE

高度なナビゲーション、ルートの再検索、クライムチャレンジ、さらにスマートトレーナー連携などのトレーニング機能が豊富。

屋外活動に最適化された2.8インチの半透過型カラー液晶スクリーンを採用。直射日光の下でも高い視認性を確保。スクリーン本体は保護ガラスと光学粘着フィルムで接合されているため、雨の日でも水蒸気が侵入してディスプレイに結露することはない。さらに、スクリーンには光センサが組み込まれており、バックライトの明るさを自動制御でき、最適な視認性と省電力が同時に確保される。2.8インチディスプレイには、1 ページあたり最大 12 個のデータを表示できるため、ほとんどのパラメータを一度に表示できます、走行中のページの切り替える必要がない。

タッチパネルとディスプレイを統合。タッチパネルを使用することで、ボタンを使用するよりもメニューのスクロール、ページ間の切り替え、地図の操作が快適になる。

日本全国のオープンストリートマップ(OSM)がプリロードされている。アプリ「Bryton Active」と連携すると、簡単にトリップを作成したり、他社のWebサイトからルート(.gpx)をインポートできる。ナビゲーション中には、ターン情報、道路の名前、残りの距離などの重要な情報が表示され、自動リルートもできますので、迷子にならないようにサポート。また、独自の音声検索機能も搭載されており、目的地を素早くに見つけることができる。

BluetoothとANT+を搭載し、スマホやケイデンスセンサー、スピードセンサー、心拍モニターなど、色々んなワイヤレスアクセサリーと簡単に接続できる。特に、バイクスマートトレーナーに接続すると、トレーニング機能が豊富に搭載されているまた、さまざまな電動シフトシステムや、自転車の後方レーダーもサポート。

 ルートナビゲーションと組み合わせて使用すると、今後の上り坂のデータ(標高グラフ、坂の傾斜など)を表示できる。これらのインフォメーションにより、エネルギーの消費とパワーの出力を戦略的に計画し、パフォーマンスを向上させることが可能。

搭載される大容量バッテリーは40時間使用可能。

※セール開催・内容・価格等は、予告なく変更となる場合がございます。正確な情報は、販売ページ上でご確認ください。

Follow me!