Sound Blaster Play

コンパクトサイズでオンラインコミュニケーションの音声を改善すると謳うハイレゾ対応USB DAC【Sound Blaster Play! 4】が、販売されました。

USB Type-Cコネクターと3.5mmステレオミニ端子を備え、一般的な4極プラグのマイク付きイヤフォン/ヘッドフォンを接続すれば、ビデオ会議ソフトやボイスチャットソフトで音声通話ができます。専用のUSB Type-C to Type-Aアダプターも付属。

Windows/Macのほか、本体のボタンで動作モードを切り替えることでPS5やPS4、Nintendo Switchといったゲーム機でも使用可能。Windowsで利用する場合は、専用ソフトウェア「Creativeアプリ」をインストールすることで、オンラインコミュニケーションを快適かつ便利に行なえるよう開発された「スマート コミュニケーション キット」を利用できます。

このキットには、ユーザーの声を検知して自動でマイクのオン/オフを切り替える「VoiceDetect機能」と、ユーザー/通話相手双方の背景ノイズ音を低減させる「NoiseClean-out/in」機能が含まれている。本体にはマイクミュートボタンを備えており、このボタンを押せばVoiceDetect機能利用時でもマイクを任意にミュート可能。

Creativeアプリでは、各種再生コンテンツ向けのオーディオプリセットや、マイク音声のボイスモーフィングも利用可能。USB DAC本体には低音を強化したり、音場やダイナミックレンジを拡げるイコライザー機能を内蔵しており、本体のEQボタンを押すだけで利用可能。本体内蔵イコライザーはMacやゲーム機との接続時も利用できます。

ゲーム機での使用も想定したモード時は最大24bit/96kHz、Windows/Macでの使用のみを想定したモードでは最大24bit/192kHzの出力ができます。入力は両モードとも最大24bit/96kHz。

サイズは約16×138×82mm、重さは約8.3g。価格はオープンプライスで、直販価格は3,380円。

Follow me!