ME600

MUSINは、SHANLINGから、ダイナミックドライバー2基、カスタムBAドライバー3基を搭載し、新クロスオーバー基板とデュアル・ヘルムホルツレゾネイターを採⽤し、チューブレス設計を実現したイヤホン【ME600】を、5月31日に発売する。

近代の芸術的な建造物からインスピレーションを受けた新たな流体系デザインを採⽤し、フェイスプレートは6000系アルミニウムから精密に削り出されたプレートに、深いダークグレーのアルマイト処理が施され、シェルの内側には、光沢のある⾦メッキ処理を施した、ステンレススチールを採⽤。2種類の⾦属素材を採⽤したシェルは、良質なサウンドへと繋がる制振性能に優れるたけでなく、重厚な質感と⾼級感を演出。

2基のダイナミックドライバーと3基のBAドライバーで構成され、専⽤設計のPCBクロスオーバーネットワークと、デュアル・ヘルムホルツレゾネイターを採⽤した、チューブレス設計を実現し、最新鋭のハイブリッド構造により、ダイレクトで明瞭なサウンドを届けることが可能。

2基のダイナミックドライバーと3基BAドライバーで構成される、3Way5ドライバーイヤホン。専用設計のPCBクロスオーバーネットワークと、デュアル・ヘルムホルツレゾネイターを採用した、チューブレス設計を実現し、ダイレクトで明瞭なサウンドを届けるという。

低域を担う、2基のダイナミックドライバーユニットは、6mm径のバイオダイヤフラムに、デュアルN48ネオジムマグネットと高純度銅ボイスコイルを採用した、新たなカスタムドライバー。

バイオダイアフラムを採用することで、深みのある豊潤な低音と、従来のSHANLINGの設計したダイナミックドライバーと比較しても、さらに解像度の向上を実現。

中域を担う、SHANLINGの専任のエンジニアにより、カスタマイズされた2基のBAドライバーは、高域にスムーズにつながる楽器のサウンドと、瑞々しいボーカル表現を実現。

高域を担う、カスタマイズされたBAツイーターをノズル部配置することで、最高峰の明瞭度と、伸びやかで高域までスムーズにつながる、帯域調和のとれたサウンドを実現。

3種のチューニングの異なる交換可能なチューニングノズルが付属。ブーストされたフルサウンドに加え、透明度を向上したエネルギッシュサウンドまで、ユーザーの好みでカスタマイズできる。

近代の芸術的な建造物からインスピレーションを受け、新たな流体系デザインへと反映した。光を反射しながら、美しい流れる波を表現するシェルは、エレガントでシックな雰囲気を感じさせるデザイン。

フェイスプレートは6000系アルミニウムから精密に削り出されたプレートに、深いダークグレーのアルマイト処理が施され、シェルの内側には、光沢のある金メッキ処理を施した、ステンレススチールを採用。

2種類の金属素材を採用したシェルは、良質なサウンドへと繋がる制振性能に優れるたけでなく、重厚な質感と高級感を演出。

快適な装着感を叶えるために、ノズルへとつながる内側のシェル形状を膨大な耳型データに基づいて、浅く設計することで、シェルが耳甲介をしっかりと密閉し、快適性と優れた安定性を実現。

ハイレゾ音源の再生に対応した、40kHzまでの広帯域再生に対応し、日本オーディオ協会の「ハイレゾオーディオ」認証を取得。

ケーブルには専用設計の単結晶銅線に銀メッキを施した、4股14芯リッツ線を採用した。リケーブルコネクタにはMMCXを備え、更に3.5mmと4.4mmを自由に切り替えられるモジュールプラグを採用し、ユーザーによる幅広いマッチングとリスニングをサポート。

インピーダンスは16Ω。感度は100±3dB。入力プラグは交換可能で、4.4mmのプラグも付属する。再生周波数特性は12Hz~40kHz。ケーブル長は約1.3m。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は52,470円前後。

Follow me!