OPPO Reno11 A

OPPOは、「Reno A」シリーズから、性能を向上しAI写真編集機能にも対応したミドルレンジスマートフォン【OPPO Reno11 A】を、6月27日より順次販売する。

5,000mAhの大容量バッテリーに最大67Wの急速充電を可能にしたOPPOの最新のバッテリー充電技術を搭載。性能面ではMediaTek Dimensity 7050の採用により軽快な処理性能とスムーズな操作感を実現した。また、6,400万画素のメインカメラ、4K動画撮影、生成AI機能を活用した編集機能など、高性能なカメラ機能も充実。ディスプレイは、ベゼルを極薄とすることで実現したRenoAシリーズ最大の画面サイズと、同じくシリーズ史上最高の有機ELディスプレイによる10億色の圧倒的な色彩表現で 、ゲームや動画をこれまでにない迫力で楽しむことができる。高級感あふれる本体デザインや独自のColorOSに基づいた便利機能も充実。

「Reno A」シリーズ史上最大容量の5,000mAhのバッテリーを搭載。また同シリーズでは最薄となる薄さ約7.6mm、前モデル「OPPO Reno9 A」から軽量化した重さ約177gとなり、大容量バッテリーと持ちやすさを両立した薄型軽量デザインを実現した。

充電面では、67W SUPERVOOC急速充電器を使用することで、わずか約20分で50%以上、約48分で100%の充電が可能。これは前モデル「OPPO Reno9 A」と比較し、充電時間を半分以上短縮。

さらに、最新のバッテリー技術により、4年間充放電を繰り返してもバッテリーの有効用量を80%以上保つことができる。その他、過充電を防ぐスマート充電や、バッテリー残量に応じて使い分け可能な省エネモードなど、充電を忘れてしまった時や、予定に追われた忙しい日でも一日中しっかりと使える、便利なバッテリー機能が充実。

MediaTek Dimensity 7050を搭載し、前モデル「OPPO Reno9 A」に引き続きハイエンドモデル同等のメモリ8GBを装備。さらに、最大16GB相当のRAM拡張機能を備えることで、ミドルレンジのスマートフォンでも快適な操作感を実現。

また、アプリデータ圧縮技術、システム劣化防止機能、パフォーマンス最適化など、OPPO独自のトリニティエンジン技術によりストレージの空き容量を確保し、システムの安定性を向上することで、購入時に近い快適な動作を4年間維持できるとする。

ベゼルを極薄にすることで画面占有率は93.4%に進化、「Reno A」シリーズ最大となる約6.7型1,080×2,412ドットの大画面を実現。有機ELによる10億色の色彩表現と120Hzのリフレッシュレートを備える。

6,400万画素のメインカメラを含む3眼カメラを搭載し、日常の一瞬を高精細に撮影でき、4K画質の動画も撮影可能になった。ポートレート撮影時には新たに2倍ズームに対応し、被写体の撮影に最適な画角で撮影できる。そしてインカメラは3,200万画素とアウトカメラ撮影に匹敵する高画質を実現し、「Reno A」シリーズで最高のカメラ性能へと進化。

ミドルレンジながら生成AI機能を活用した写真編集機能を搭載することで、より多くのユーザーに生成AIの体験を提供し、写真撮影だけでなく撮影後の編集も楽しめるようになった。7月ソフトウェアアップデートで機能追加予定の生成AIを活用したAI消しゴム機能は、クラウドAIによる強力な計算能力により複雑なタスクを効率よくこなせるようになるため、撮影時に入り込んだ不要な物を簡単に消去し、消去した部分の背景をより綺麗に、精度の高い画像処理を行うことで、より自然な写真に仕上げる。

また、撮影した写真の被写体をワンタッチで切り抜けるクリッピング機能や、スクリーンショット時にプライバシーを保護するためのモザイク機能、カメラアプリからすぐにアクセスできるGoogleレンズの翻訳機能も搭載し、カメラや写真編集に関する機能が大幅に進化した。

おサイフケータイやマイナンバーカード機能などが利用できるFeliCaに応応。防水・防塵機能、顔認証・指紋認証の2つの生体認証にも対応した他、AndroidをベースにしたOPPO独自のColorOSが多彩な機能を搭載。新機能のファイルドックは簡単操作で画像やファイルを保存でき、他のアプリへの貼り付けや、メールやSNSなどへの投稿時に探す手間を省く。また、プリインストールされたデータ移行アプリを使えば、QRコードを読み取るだけで簡単に旧端末からデータを引き継ぐことができる。その他、片手で簡単に操作できるアイコンプルダウンジェスチャー、三本指操作で長いWebページも1枚の画像として保存できるスクリーンショット機能など、日常生活で便利な機能が充実。

カラーは独自の背面加工技術「OPPO Glow(オッポ グロウ)」を施したダークグリーンと、珊瑚やダイヤモンドをイメージした光沢仕上げのコーラルパープルの2色展開。薄くスタイリッシュなボディに、それぞれ質感の異なる個性と高級感あふれるデザインを実現した。

主な仕様は、ディスプレイが6.7型1,080×2,412ドット有機ELパネル(120Hzリフレッシュレート)、SoCがMediaTek Dimensity 7050、メモリが8GB、ストレージが128GB、OSがColorOS 14(Android 14ベース)などを搭載。microSDカードによる最大2TBの外部メモリ増設も可能。

SIMはNano SIM+eSIMで、対応バンドは5Gがn1/3/28/41/77/78、4GがBand 1/2/3/4//5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/38/39/40/41/42、W-CDMAがBand 1/2/4/5/8/19、GSMが850/900/1,800/1,900MHz。

カメラは、背面は6,400万画素/F1.7メイン、約800万画素/F2.2超広角、約200万画素/F2.4マクロの3眼構成。前面は約3,200万画素。

センサーは、地磁気/近接/光/加速度/ジャイロ/重力/ステップカウント。無線機能はWi-Fi 6、Bluetooth 5.2。FeliCa/おサイフケータイやIP65の防水防塵、顔認証と指紋認証の2つの生体認証に対応。

バッテリーは5,000mAhし、67W SUPERVOOCによる急速充電にも対応。約20分で50%以上、約48分でフル充電が可能。

インターフェイスはUSB 2.0 Type-Cなど。

サイズは約75×162×7.6mm、重量は約177g。カラーはダークグリーンとコーラルパープルの2種類。

価格は48,800円。

OPPO Reno11 A
基本スペック
重量約177g
サイズ(W×H×D)約75×162×7.6(mm)
連続通話時間約1,338分
連続待受時間約623時間
バッテリー容量5,000mAh
充電時間約48分※8(67W SUPERVOOC PD/QC対応充電器使用時)
急速充電最大67W
OSColorOS 14(based on Android™14)
CPUMediaTek Dimensity 7050 
オクタコアCPU:2.6GHz×2+2.0GHz×6
内蔵メモリ(RAM)8GB(最大16GB相当まで拡張可能)
内蔵ストレージ(ROM)128GB(SDカード2TB対応)
外部メモリmicroSDXC™ 最大2TB
SIMカードスロット排他的デュアルSIMカードスロット
SIM1(nanoSIM)+SIM2(nanoSIM) / microSD
SIMタイプnanoSIM+eSIM
ディスプレイ約6.7インチ/フルHD+(2,412×1,080)/10億色有機EL /リフレッシュレート120Hz
アウトカメラ[広角]約6,400万画素(F値1.7)
[超広角]約800万画素(F値2.2/画角112°)
[マクロ]約200万画素(F値2.4)
インカメラ約3,200万画素(F値2.4)
USBポートUSB Type-C / USB2.0対応 / OTG対応
生体認証ディスプレイ指紋認証 / 顔認証
防水/防塵機能IP65
おサイフケータイ対応(マイナンバー機能対応)
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax  テザリング対応
BluetoothVer.5.2
本体付属品保護フィルム(試供品・貼付済み)/ SIM取出し用ピン(試供品)/ クイックガイド / 安全ガイド

Follow me!