JBL LIVE BUDS 3

ハーマンインターナショナルは、「JBL」ブランドから、充電ケースにディスプレイを備えた、ハイレゾワイヤレス対応ハイブリッドノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン【JBL LIVE BUDS 3】を、7月18日よりAmazon JBL公式ストア、JBLオンラインストア、JBL Store(横浜)、JBL公式楽天市場店、JBL公式Yahoo!店で限定発売する。

「JBL LIVE FREE 2」を筆頭とする、バッズスタイルモデルに、新たに、高い密閉性と遮音性で究極の没入感を楽しめる【JBL LIVE BUDS 3】が加わった。基本的な機能は、6月に発売した「JBL LIVE BEAM 3」を踏襲。

また、よりフィット感を高めるために開発した、人間工学に基づく外耳道の形状に合わせた「デュアルオーバルシェイプデザイン」により、優れた装着感と密閉性を実現した設計となっている。高い装着性が特徴の「JBL LIVE FREE 2」が各約4.9gであったのに対し、【JBL LIVE BUDS 3】は各約4.6gとさらに小型化・軽量化。また、イヤーチップを4サイズ同梱していることで、耳の小さな方やこれまでバッズスタイルが合わなかった方にも試しやすくなった。

加えて、ハイレゾワイヤレスに対応した完全ワイヤレスイヤホンであり、ノイズキャンセリング機能やマイク性能なども最先端のサウンドテクノロジーを採用。

新素材チタニウムを採用し前モデルよりも低音を約2dB強化した10mm径ダイナミックドライバーを搭載。

スマートタッチディスプレイ搭載の充電ケースを使い、スマホを操作せずに、ケースから音量調整やノイズキャンセリングの切り替えなどが可能。バッテリー残量を確認することもできる。

Bluetooth 5.3準拠で、プロファイルはA2DP V1.4、AVRCP V1.6.2、HFP V1.8に対応、コーデックはSBC、AAC、LDACをサポート。LC3にも対応予定。連続使用時間はANCオフ時で約40時間(本体:約10時間+充電ケース:約30時間)、ANCオン時で約32時間(本体:約8時間+充電ケース:約24時間)。LDAC接続時はANCオフ時で約36時間(本体:約9時間+充電ケース:約27時間)、ANCオン時で約20時間(本体:約5時間再生+充電ケース:約15時間)。イヤホン本体はIP55の防塵防水性能を備える。

重量はイヤホンが各4.6g、充電ケースが69.8g。カラーはブラック、シルバー、ブルー、パープルの4色。

価格は26,950円。また、発売を記念して7月4日より、JBL各公式ストアにて、1,500円分のQUOカードや15%オフのクーポンがもらえる、予約および発売キャンペーンをそれぞれ実施。

タイプ :リアルタイム補正機能付ハイブリッドノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン
カラー :全4色(ブラック・シルバー・ブルー・パープル)
Bluetooth:バージョン5.3(LE Audio対応予定)
ノイズキャンセリング:リアルタイム補正機能付きハイブリッド
外音取り込み機能:○
ハイレゾ対応  :○
対応プロファイル:A2DP V1.4, AVRCP V1.6.2, HFP V1.8
使用ユニット  :10㎜径ダイナミックドライバー
周波数特性   :20 Hz – 40 kHz
対応コーデック :SBC, AAC, LDAC, LC3(対応予定)
防水等級    :イヤホン本体:IP55
重量      :イヤホン本体:各4.6g, 充電ケース:69.8g
連続使用時間   :
[Bluetooth接続]
・ANCオフ時:約40時間(イヤホン本体 約10時間再生+充電ケース使用 約30時間)
・ANCオン時:約32時間(イヤホン本体 約8時間再生+充電ケース使用 約24時間)
[LDAC接続]
・ANCオフ時:約36時間(イヤホン本体 約9時間再生+充電ケース使用 約27時間)
・ANCオン時:約20時間(イヤホン本体 約5時間再生+充電ケース使用 約15時間)
※急速充電対応(10分の充電で約4時間再生可能)
マルチポイント                 :○
Dual Connect(片側使用) :○
イコライザー                    :○
パーソナライゼーション    :Personi-Fi 3.0
スマート充電ケース    :○
付属品          :充電用 USB Type-Cケーブル, イヤーチップ4サイズ ※Mサイズ装着済み

Follow me!