ONEXPLAYER AMD版

テックワンは、RyzenプロセッサとWindows 11を搭載したポータブルゲーミングPC【ONEXPLAYER AMD版】を販売しました。

8コア/16スレッドのRyzen 7 4800Uを搭載したモデルで、既存のONEXPLAYERの筐体はそのままにCPUをRyzenに変更。多くのゲームタイトルでより高い互換性を実現し、安定したゲームプレイが可能としている。

そのほかの仕様は、メモリ16GB、ストレージ1TB、液晶に2,560×1,600ドット表示対応8.4型、OSにWindows 10 Home(Windows 11へアップグレード対応)などを搭載する。

インターフェイスは、USB 3.2 Type-C、USB 3.0、microSDカードスロット、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0、音声入出力などを備える。

サイズは288×130×21mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約819g。バッテリーは58.9Wh。

価格は15万5,100円。

また、上位のRyzen 7 5700U搭載モデルも用意され、こちらは2022年1月7日出荷予定で、価格は16万6,100円、直販での先行予約価格は14万9,490円となる。

Follow me!