WA-V1-PNK

プレシードジャパンは、「AVIOT」から、ワイヤレスヘッドホン「WA-V1」をベースに、ピエール中野氏が完全監修した「ピッドホン3」こと【WA-V1-PNK】を、8月中旬に発売する。先行予約開始は6月19日で、一般予約開始日は7月5日から。

AVIOTがワイヤレスヘッドホンの新基準として発表したマルチスペックモデル「WA-V1」をベースとし、ピエール中野氏がデザイン、サウンドチューニングを完全監修した、通称「ピッドホン」シリーズの3機目となるワイヤレスヘッドホン。

高音質と機能性を両立した構造設計、進化した「アダプティブハイブリッドノイズキャンセリング」 、最大120時間の連続再生時間、ワイヤレスでもハイレゾ再生を楽しめるLDAC対応、コンパクトで軽量な設計、快適な装着感、高品位な質感とデザイン、専用アプリ対応など、ワイヤレスヘッドホンに求められる全てをそなえている。

ピエール中野氏が理想とするチューニングを、「WA-V1」の優れたアコースティック特性により具現化。 ベースモデルが持つクリアな聴感特性を元に、音楽の躍動感をより魅力的に表現すべく、 中低域はうねるような広がり感とキレ、そして量感のベストバランスを追求。プロドラマーならではの着眼点で、過去の「ピヤホン/ピッドホンシリーズ」以上に、ドラムの鳴り方を徹底的に追及。メロディラインも含めた全帯域において、楽器が元来もつ魅力を最大限に表現するサウンドを実現。

デバイスとの接続や電源ON/OFFを知らせるボイスガイダンスには、声優・日髙のり子氏による録りおろしボイスを採用。

アプリの操作で「Natural」「Mechanical」「”Boyish」「Naughty」 のモードを切り替えが可能。その日の気分や聴いている楽曲にあわせて、ぴったりの音声ガイダンスを選択できる。

また、【WA-V1-PNK】の発売にあわせ、専用アプリ「AVIOT SOUND ME」も本機ならびに「WA-V1」に対応するアップデートを実施。

外からのノイズを検出する「フィードフォワードマイク」と、ヘッドホンの内側のノイズを検出する「フィードバックマイク」で、通常の2倍の、左右計4基のマイクを併用する「ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング」 。

さらに周囲の状況に応じて騒音抑制の強度を自動的に調整する「アダプティブハイブリッドノイズキャンセリング」を搭載。電車や車の走行音、街中の雑踏や人の話し声といった環境音を大幅に軽減し、音楽や動画を楽しむ際はもちろん、仕事や勉強に集中したい時にも最適。

専用設計の大口径40mmダイナミックドライバーを搭載。ネオジム磁石を使った強力な電気回路と軽量なPETダイアフラムを採用した新規開発のドライバーにより、癖の少ない自然な音響特性で、ハイレゾ音源が持つ情報を余すことなく再現。

高音質と機能性を両立させるため、ドライバーを収容するハウジングをアウターシェルとインナーバックチャンバーとの2重構造で設計。大容量バッテリーや電子回路のスペースと音響スペースを隔離し、コンパクト設計ながら電子部品によるノイズを極限まで抑え、音響設計を最適化するパーツ配置を実現。さらに軽量な振動系を正確にドライブさせるため、専用に設計されたインナーバックチャンバーにより、キレのある重低音と音場感に優れ高解像な中高音域を実現した。

インナーバックチャンバー内の音響インピーダンスを最適化するため、ハウジング内に独自設計のアコースティックダクトを配置。低音の量感とクリアネスを両立し、のびやかな高音域とあわせ、バランスの良いサウンドを実現。

​​ピエール中野氏が理想とするチューニング、その最新の姿を「WA-V1」の優れたアコースティック特性により具現化。 ベースモデルが持つクリアな聴感特性を元に、音楽の躍動感をより魅力的に表現できる手法をピエール中野氏と繰り返し探求。 中低域はうねるような広がり感とキレ、そして量感という背反する要素のベストバランスを追求。中高域は解像感を失うことなく、低域に負けない迫力を持つ音づくりを実現した。 さらに、過去の「ピヤホン/ピッドホンシリーズ」以上にドラムの鳴り方を徹底的に追及。特にバスドラムの音色にこだわり、アタック音、胴鳴り、響き方などプロドラマーならでは着眼点でリアルさと迫力を再現。これをベースにスネアやシンバルなどの帯域の音を創り上げる手法を取りました。 低域から高域まで、ドラムという柱を中心としたチューニングを行うことによって、メロディラインも含めた全帯域において、楽器が元来もつ魅力を最大限に表現するサウンドを実現。

Bluetooth伝送方式には、AAC、SBCに加え、既存技術(SBC)と比べ約3倍のデータ量送信が可能なLDACを採用。ワイヤレスでも、音場の広さ、情報量の多さ、細やかな表現など、ハイレゾ音源が持つ特性を最大限に生かしながら、音楽を楽しめる。

付属の3.5mmステレオミニプラグケーブルを使用すれば、有線ヘッドホンとしても使用することができる。有線接続時に使用する3.5mmステレオミニプラグケーブルも、音質・デザイン共にピエール中野氏と吟味を重ね選定した特別仕様。ナイロン編みの絡みにくいケーブルを採用し、プラグ部に“PNK”のロゴをあしらった。さらにピエール中野氏のアイディアにより、折り畳み式のヘッドホン用デスクフックを同梱。

最大120時間の長時間再生が可能。長時間の外出や旅行の際にもバッテリーを気にせず使える、超ロングスタミナを実現した。また、10分の充電で最大11時間の使用が可能な急速充電にも対応。

スマホとPC、2台のスマホ等、同時に2台の端末と接続できるマルチポイント機能を搭載。また、ボタンひとつで周囲の音を聞くことができる外音取込モードに切り替え可能。加えて、映像と音声がずれてしまう、ワイヤレスヘッドホンにありがちな現象を低減するゲーミング(低遅延)モードを搭載。

高品質通話用マイクの採用、そして、話し声と周囲のノイズを判別・除去するAI技術を活用したアルゴリズムの搭載により、クリアな音声を届けるハンズフリー通話を実現。

デバイスとの接続や電源ON/OFFを知らせるボイスガイダンスには、声優・日髙のり子氏による録りおろしボイスを採用。さらに、アプリの操作で、「Natural」「Mechanical」「”Boyish」「Naughty」のモードを切り替えが可能。

耳元に直接触れるイヤーパッドには、柔らかく通気性の高い低反発ウレタン素材を採用。しっかりとフィットしながらも、圧迫感の少ない快適な装着感を実現した。

ラバー塗装とアルミ素材により、シンプルでありながら高級感をたたえたベースモデルのデザインを下地に、ブラックとゴールドの配色でプレミアム感を演出。 さらにゴールドは部位ごとに異なった色と質感を採用。グロッシーな仕上げのボタンとマイク部で煌びやかさを演出しつつも、ハウジング部のリングはマット加工でシックな上質感を実現。

「ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング」搭載モデルながら、約267gに本体重量を抑えた。さらに、小さく折りたたむことができるフォールダブル設計により、収納や持ち運びもストレスフリーな仕様。

主な仕様は、Bluetooth 5.0準拠で、プロファイルがA2DP、HFP、AVRCPに対応、コーデックがAAC、SBC、LDACをサポート。連続再生時間は120時間で、10分の充電で最大11時間の使用が可能な急速充電にも対応。通話時間は最大70時間。

重量は267g。

価格は19,800円。

【基本仕様】・形状:オーバーイヤー型
・ドライバー形式:ダイナミックドライバー
・通話時間:最大70時間
・連続再生時間:120時間
・ヘッドホン本体 充電時間:約3時間
・充電ポート:USB Type-C
・ワイヤレス充電:非対応
・重量:ヘッドホン単体 267g
・その他:マルチポイント可能、急速充電対応(10分充電/11時間再生)
・付属品:ステレオ接続ケーブル、デスクフック、専用ポーチ
     充電用USBType-Cケーブル、ユーザーマニュアル、製品保証登録カード
【Bluetooth規格】 ・対応コーデック:AAC,SBC,LDAC
・対応プロファイル:A2DP,HFP,AVRCP
・Bluetooth version:5.0
・Bluetoothマルチペアリング登録可能デバイス数:8

Follow me!