VA-LT002 BK REV2

サンバレージャパンは、「VAVA」ブランドより、壁際設置で最⼤150インチの4K UHD映像を投影可能な超短焦点4Kプロジェクター【VA-LT002 BK REV2】を6月24日から発売する。

超短焦点4Kプロジェクター「VA-LT002」の後継機。「昨今の世界情勢で部品確保が困難となり、部品を変更した」として、外観は変わらないが、前モデルの輝度2,500lmから1,800lmに仕様が変更されている。

VA-LT002 BK REV2

最大の特徴が、壁際に設置して最大150インチの投影が可能な超短焦点仕様。80型で約8.5cm、90型で約13.4cm、100型で約18.2cm、120型で約27.9cm、150型で約42.4cmの距離を確保すれば、壁に大画面の映像を投影できる。自動ピント調整やエッジ補正機能(8点)も搭載しているため、設置や調整も容易という。

VA-LT002 BK REV2

DMDデバイスを使った4K/3,840×2,160ドットの解像度を実現。HDR10をサポートし、コントラスト比は3,000:1(FOFO)、300:1(ANSI)。1,800lmの明るさで「暗室のような暗さが確保できないリビングなどの環境下でも、しっかりとした視認性を確保」するという。

全世界17,000以上のシアターで採用されているというAppotronics社のレーザー光源(ALPD 3.0)技術を採用。約25,000時間の長寿命化も実現しているとする。

VA-LT002 BK REV2

Harman Kerdonチューニングによる30W×2chのスピーカーを搭載。筐体内部に3基の冷却用ファンと99%純銅製ラジエーターを搭載することで、動作音を32dB以下に抑えた静音設計も特徴。

Androidベースの独自システムを搭載しており、アプリケーションを専用ストアから追加ダウンロードすることで様々なエンタメアプリを楽しむことが可能。なお、独自システムのため、Google Playストアではなく専用ストアからダウンロードを行なう。動画配信サービス利用時は、別途メディアストリーミング端末を併用して楽しむことを推奨するという。

HDMI入力は3系統で、HDCP 2.2とARCをサポート。3.5mmのAV入力、ライン出力、光デジタル出力、LANポートを備える。無線LANのほか、Bluetooth 4.2に準拠する。

サイズは約533×368×107mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約10.6kg。消費電力は360W。カラーはブラック。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は364,800円前後。

VA-LT002 BK REV2
VA-LT002 BK REV2
VA-LT002 BK REV2
VA-LT002 BK REV2
VA-LT002 BK REV2
VA-LT002 BK REV2
VA-LT002 BK REV2

Follow me!