無水かきまぜ自動調理器 HotDeli (JJT-R10A)

独自のかきまぜ機構ユニットでほったらかし調理が可能な自動調理鍋【無水かきまぜ自動調理器 HotDeli(ホットデリ)JJT-R10A】が、販売されました。

独自のかきまぜ機構を搭載し、無水調理に対応した自動調理器。煮る/炒める/ゆでる/蒸す/低温調理/炊飯/パン・ケーキの調理が可能。独自のかきまぜ機構ユニットを備え、少ない調味料でも味が染みわたるという。本体には自動メニューを備え、発売時点では90種類の料理をほったらかしで作れる。

無水かきまぜ自動調理器 HotDeli (JJT-R10A)

また、自動調理メニューの材料や作り方は、スマートフォンからQRコードを読み取ることで確認可能。材料を入れてスイッチを押すだけの「ほったらかし調理」で簡単においしい料理を作れるという。発売時点で自動調理できるメニューは90種類だが、このほかに199ほどの自動メニューを本体に組み込んでおり、今後サイト上でメニューを追加予定という。

2段調理トレイが付属し、下段(調理釜)で炊飯、上段(トレイ)でおかずの調理といった同時調理が可能。トレイでは料理を作れるほか、レトルト食品の温めにも活用できる。

天面にボタンなどの操作部を集約しているため、立った姿勢で操作できる。また、炊飯器のように片手で蓋を開けられる。

手動調理も可能。カテゴリーは「煮る/煮詰める」「煮込む」「炒める」「茹でる/蒸す」「あたため直す」「低温/発酵」「パン・ケーキ」「白米」「炊き込み/玄米」の9種類のほか、清掃の「クリーン」。時間は1分単位、温度は1℃単位で設定できる。温度の幅はカテゴリーにより異なり、例えば「低温/発酵」では40~100℃、「炒める」では110~135℃の間で設定可能。

サイズは216×279×210mm(幅×奥行き×高さ)で、重さは約3.1kg。コードはリール式で、長さは約1m。消費電力は460W。調理容量は1.0L。クックトレイ(調理用カゴ)、まぜスティック、おたま、軽量カップ(約180ml、1合)、しゃもじ、レシピブックが付属する。かきまぜ機構は取り外し可能。

市場想定価格はオープンプライスで、店頭予想価格は24,000円前後。

無水かきまぜ自動調理器 HotDeli (JJT-R10A)
無水かきまぜ自動調理器 HotDeli (JJT-R10A)

Follow me!