フリータイムケトル C380

大石アンドアソシエイツは、Cores(コレス)の10周年を記念して、「Russell Hobbs(ラッセルホブス)」の電気ケトル「カフェケトル」や「Tケトル」を開発したチームが手掛けた電気ケトル【フリータイムケトル C380】を、5月1日より一般販売する。

グースネックの注ぎ口を採用しており、コーヒードリップでは湯量やスピードのコントロールがしやすく、湯切れもよいため、狙ったポイントを外さず注ぐことができる。また、ハンドル上部には親指をひっかける窪みを設け、グリップ部分も手にしっくり馴染む形状。安定した注ぎを実現。さらに、満タンだとやや重く感じる方のために、手を添えられる取っ手を付けた。

温度調整は40℃~100℃まで1℃単位で設定可能。ダイヤルをまわしてプッシュするだけの簡単操作。30分間の保温機能も搭載する。

本体表面はマットな素材。ラバー部分の異なる質感と、丸味を帯びたフォルムを採用。

サイズは28.5×13.5×20cm(幅×奥行き×高さ/本体のみ)、重量は約770g(本体のみ)。容量は0.8L。消費電力は1200W。

価格は13,200円。

サイズ :W28.5×D13.5×H20.0cm(ケトル本体)
     W28.5×D19.5×H22.5cm(台座込み)
重量  :約770g(ケトル本体)
消費電力:1200W
材質  :ステンレス、ABS樹脂
容量  :0.8L

Follow me!

PRO X 60 LIGHTSPEED ゲーミングキーボード Previous post ロジクールG【PRO X 60 LIGHTSPEED ゲーミングキーボード】光学式のGXオプティカルキースイッチを搭載の60%ワイヤレスキーボード
Arena7 Next post Steeiseries【Arena7】各音域に特化したスピーカーを搭載のゲーミングスピーカーがAmazonにて15%OFFの35,982円