首振りがいらないサーキュレーター (KJ-D783W)

ツインバードは、ジェット機のエンジンと同じ思想で羽根を新開発【首振りがいらないサーキュレーター (KJ-D783W)】を、5月23日に発売する。

リビング空間の暮らしを妨げることなく、心地よい空間に整えることを目指した、静かで存在感を抑えたサーキュレーター。羽根はジェット機のエンジンを手掛けるターボブレードと新開発した「エクセルブレード」を採用した。ジェット機のエ ンジンと同じ思想で設計することで、効率よく空気を押し出すことができ、首振り不要で静音かつ大風量を実現した。

「エクセルブレード」は直径約30cm、9枚の羽根で構成され、静音かつ大風量を実現。ジェット機のエンジンを手掛けるターボブレードと共に、ジェット機のエンジンと同じ思想でサーキュレーターの羽根を設計した。羽根の面積をできるだけ大きくすることで大風量を実現しつつ、風切り音や風のムラを最小限に抑える 9 枚羽根を採用した。運転音は最小風量で約20dB、最大風量で約48dB以下に抑え、暮らしのノイズにならない風を目指した。

「エクセルブレード」は、一方向へ直進性の強い風を大量に送ることができるため、シーリングファンのように首振り不要で空気循環を可能にした。

8畳間で約45秒運転させることで室内の温度ムラを緩和できるという。冷暖房使用時にありがちな、足元だけ寒く、上半身だけ暑いなどの不快感を軽減。

工具なしで分解可能で、前ガード・羽根・後ガードを水洗い可能。

首振りを無くすことで、ベース形状を必要最小限のシンプルなデザインにまとめた。収納時はスタンドを折りたたむことで、奥行き約15.6cmのコンパクトなサイズで収納できる。

また、電気代は1時間の運転で約0.03円、1ヵ月でも約7.2円に抑えられる。

主な仕様は、運転音が最小約20dB(風量1)/最大約48dB(風量4)、最大風速が145m/分、最大風量が50m3/分、風量切り替えが4段階。上下首振り(手動)範囲は約8~90度に対応する。

サイズは約350×230×370mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.6kg。定格消費電力が15W。カラーはホワイト。

価格はオープンプライス。

●製品寸法:約(W)350×(D)230×(H)370mm
●製品質量:約2.6kg
●電源コード有効長:約1.8m
●電源:入力AC100V(50/60Hz)
●定格消費電力:15W
●羽根径:約30cm
●運転音:最小約20dB(風量1)/最大約48dB(風量4)
●最大風速:145m/min
●最大風量:50㎥/min
●風量切替:4段階
●上下首振り(手動):約 8°~90°
●付属品:リモコン、リチウム電池(CR2025)、 AC アダプター(KJ-CH101型)

Follow me!

USB4 PCIE GEN4 CARD Previous post ASUS【USB4 PCIE GEN4 CARD】転送速度40GbpsのUSB4ポートをPCに増設できるPCI Express拡張カード
FUJIFILM X-T50 Next post 富士フイルム【FUJIFILM X-T50】第5世代の裏面照射型約4,020万画素「X-Trans CMOS 5 HR」センサーを採用した、約438gの小型軽量ボディのミラーレスデジタルカメラ