デロンギ プリマドンナ クラス 全自動コーヒーマシン (ECAM55085)

全自動コーヒーマシンのフラッグシップモデル【デロンギ プリマドンナ クラス 全自動コーヒーマシン (ECAM55085)】が、販売されました。

デロンギ プリマドンナ クラス 全自動コーヒーマシン (ECAM55085)

3.5インチカラー液晶ディスプレイと、直感的な操作を可能にするダイレクトメニューアイコンを採用した、全自動コーヒーマシン。

使い方は、まず水タンクに水を入れて、コーヒー豆を本体上部からセットする。抽出口の下にカップをセットしたら、コントロールパネルの「ドリンクボタン」または「ドリンクメニュー」からコーヒーを選びセレクターを押す。なお、コーヒー粉からの抽出にも対応する。

デロンギ プリマドンナ クラス 全自動コーヒーマシン (ECAM55085)

ワンタッチで淹れられる「コントロールパネル」でセットできるメニューは、コーヒーメニューが通常のエスプレッソとスペシャルティ、カフェ・ジャポーネ、ミルクメニューでは、カプチーノ、ラテマキアート、ミルクの6種類。加えてドリンクメニューからドッピオ+、アメリカーノ、カフェラテ、フラットホワイト、カプチーノ+、カプチーノMIX、エスプレッソマキアートの7種類も選択可能で、計13種類の多彩なメニューを楽しめる。

このなかの「カフェ・ジャポーネ」は、日本導入モデルの限定メニュー。ハンドドリップのように豆を蒸らしながら抽出する、深蒸しレギュラーコーヒーが淹れられる。エスプレッソの旨味と、ドリップのすっきりした後味が融合した、日本人好みのメニューだとする。

コーヒー豆の量(コーヒーの濃さ)、抽出量や抽出温度、ミルク量などを調節・設定できる「MYメニュー」機能も搭載。豆の種類や気分によってカスタマイズできる。

デロンギ プリマドンナ クラス 全自動コーヒーマシン (ECAM55085)

さらに緑茶や紅茶など各種のお茶を適温で淹れるため、給湯機能使用時には4種類の温度設定が可能。

摩擦熱が発生しにくく、均一に挽ける低速回転コーン式グラインダーを搭載。同社によれば、コーヒーの美味しさを決定づける「アロマ成分」を逃さない。また、好みに応じて挽き具合を7段階で調節できる。

そのほか、美味しいエスプレッソを淹れるための最適な抽出圧力、9気圧を実現。理想的な抽出温度を維持するためサーモブロックボイラーを備えるほか、エスプレッソにとって理想的な粒度のコーヒー粉を素早く抽出するため、独自の抽出ユニットとタンピングシステムを採用している。

自動ミルク泡立て技術「ラテクレマシステム」を搭載。ミルクが最も甘く感じられる60~65℃で温度管理を行ない、キメの細かい滑らかでふわふわのミルク泡を抽出する。牛乳だけでなく豆乳、アーモンドミルク、オーツミルクも利用可能。また同機では、保冷性に優れた素材のミルクコンテナを採用する。

デロンギ プリマドンナ クラス 全自動コーヒーマシン (ECAM55085)

同社の日本導入モデルでは初となる、スマートフォン専用アプリ「De’Longhi Coffee Link App」に対応。スマホから各種設定・操作やメニューのカスタマイズができ、マシンのメンテナンス情報やエラー通知も確認できる。

サイズは260×460×360mm(幅×奥行き×高さ)。重さは12.5kg。豆ホッパー容量は370g。水タンク容量は2L。電源はAC100V(50/60Hz)。消費電力は1,450W。電源コード長は2m。計量スプーン/クリーニングブラシ/水硬度チェッカー/ウォーターフィルター/除石灰剤が付属。カラーはメタリックシルバー。

価格はオープンプライス。店頭予想価格は283,800円前後。

Follow me!