YH-L700A

ヤマハは、サウンドバーをさらに手軽にしたパーソナルホームシアターのような感覚で映画やライブといった動画コンテンツなどをより没入感の高い音で楽しむことができるワイヤレスBluetoothヘッドホン【YH-L700A】を、2月3日より発売する。

同社のAVレシーバーに搭載されている「シネマDSP」技術を応用した「3D サウンドフィールド」機能や7つの「サラウンドモード」といった独自の3次元音場再生機能を搭載し、あらゆるコンテンツを最適な3次元音場で再現することが可能とするBluetoothヘッドホン。

映像の世界観を代弁するBGMや効果音を迫力と臨場感あふれる音で再現する“ダイナミクス”、台詞をクリアに再現することで作品の表情や感情もダイレクトに伝える“音色(おんしょく)”の表現をはじめ、映画や映像で重要となる「セリフ・効果音・BGM」を忠実に、バランスを崩すことなく描き分ける“サウンドイメージ”の表現を徹底して追求した。

AVレシーバーに搭載されている音場創生技術「シネマDSP」をベースにヘッドホン専用に再設計された「3Dサウンドフィールド」を搭載した。音声フォーマットや再生機器に関わらず、まるでその場にいるような感覚で映画や音楽を楽しむことができるとする。さらに、映画向けのモード「Cinema」「Drama」の2つ、ミュージックビデオ向けのモード「MV」「HALL」「OUTDOOR」の3つ、音楽コンテンツ向けのモード「AUDIO」「BGM」の2つ、トータル7つのサラウンドモードを搭載しているのでコンテンツに合わせて最適な音場を選ぶことが可能。

さらに、顔の向きと頭の動きを感知し、音の鳴る位置を調整する「ヘッドトラッキング」機能も備えた。

また、ハウジング内部に搭載したインマイクを使って実際に耳の中で鳴っている音の伝達特性を測定し、リファレンスとする伝達特性と比較する「リスニングオプティマイザー」を採用。違いがある場合には、リアルタイムにヘッドホン左右それぞれの音を理想的な周波数特性に自動補正する。

小音量時でも低域と高域が痩せないように補正する「リスニングケア(アドバンスド)」機能も備えている。。通常の「リスニングケア」機能に加え、「コンテンツの音量」や「周りの騒音(フロアノイズ)」の変化をインテリジェントに解析し、音量やリスニングケアのパラメーターを自動的にコントロールすることで常に最適なバランスで音楽を再生。

さらに、同社独自のアルゴリズムを採用した「アドバンスドANC」機能を搭載。インマイクで拾った音を音楽信号とノイズ成分に分け、ノイズ成分だけにキャンセリング処理を施すことにより音楽信号の劣化を抑え、可能な限り音楽表現を保つ高精度なノイズキャンセリングを実現したという。

本体は、屋外だけでなく、家でくつろぎながら使用することをコンセプトにデザイン。ファブリック素材をハウジング部やヘッドバンド部分に使用し、イヤーパッドには合成レザーを採用するなど、異素材を組み合わせ“ヘッドホンを着る”という感覚で仕上げたとのこと。

対応アプリは「Headphones Controller」。3Dサウンドフィールドやリスニングケア(アドバンスド)のON/OFFや、サラウンドモードの選択などが可能。

ドライバー口径が40mm。Bluetooth 5.0に準拠で、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックがSBC、AAC、aptX Adaptiveをサポートする。充電時間が約3.5時間、再生時間が約34時間(NCオン、3Dサウンドフィールドオフ)/約11時間(NCオン、3Dサウンドフィールドオン)。

本体の重量は330g。カラーはブラック。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は66,000円前後。

YH-L700A
型式密閉ダイナミック型 オーバーイヤー
ドライバー口径40mm
再生周波数帯域8Hz~40kHz(ライン入力時)
Bluetoothバージョン:5.0
対応コーデック:SBC、AAC、Qualcomm aptX Adaptive
無線出力:Class 2
登録可能機器数:最大8台
充電充電時間(フル充電):本体 3.5時間
再生可能時間:最大34時間
(アドバンスドANCオン、3Dサラウンドフィールドオン時:11時間)
質量330g
付属品USB給電ケーブル、航空機用アダプター、3.5mmステレオミニプラグケーブル、キャリングケース

Follow me!