N5 Hybrid

ハーマンインターナショナルは、オーストリア・ウィーン発の世界的オーディオブランド「AKG(アーカーゲー)」から、同ブランド国内導入初となる完全ワイヤレスイヤホン【N5 Hybrid】と、ワイヤレスオーバーイヤーヘッドホン【N9 Hybrid】を、5月17日に発売する。

AKGは1947年に音楽の都・ウィーンで誕生してから、約77年にわたりプロフェッショナルな現場において、マイクロホン、ヘッドホンを中心とする音響機器の設計と製造を行ってきたオーディオブランド。高解像度で透明感のあるサウンドや原音を忠実に再現するサウンドバランス、さらに本来の臨場感に近づける広い音場の実現など、ハイクオリティな音響技術を提供してきた。ブランド誕生以降、約1,200件以上の音響機器関連の特許を取得し、世界有数のアーティストたちに愛用されている。

ブランドのプロフェッショナルラインである「Kシリーズ」の品質を踏襲し、音楽に成熟した方でもより日常的にAKGサウンドをお楽しみいただけるよう設計・開発している「Nシリーズ」から、今回、完全ワイヤレスイヤホンとワイヤレスオーバーイヤーヘッドホンが新たにラインアップ。AKGのリファレンスサウンドを提供する最新のテクノロジーや、プロのマイク設計の実績を踏襲する高品質なマイク性能、使い勝手を意識したシームレスな利便性の向上などの特徴を誇る。

【N5 Hybrid】は、10mm径ダイナミックドライバーの振動板コーティングに「DLC+PEN」素材を採用。真空マグネトロンスパッタリングプロセスにより、高純度グラファイトをPEN素材に吸着させ、振動板の剛性と靭性を向上。 また、ドライバーのフロントチャンバー設計にフォーカスし、特に10kHz以降の周波数応答を工夫してニュートラルでありながらバランスの良い、クリアなサウンドを目指した。

アクティブノイズキャンセル機能も搭載。音声を拾い、クリアに届けるための2つの外側ビームフォーミングマイク(フィードフォワード&通話)と、ノイズ分離用の1つのインナーマイク(フィードバック)の計6つのマイクを備えている。

Bluetoothはバージョン5.3準拠で、コーデックはSBC/AAC/LDACに対応。LC3にもファームウェアアップデートにより対応予定。LE Audioにも対応予定。

USBドングルも標準で付属。ドングル使用時は、LC3plusで通信可能。マルチポイント接続にも対応するほか、ドングルは充電ケース内に収納できる。

バッテリー持続時間はANCオフ時で約40時間(イヤホン本体:約10時間再生+充電ケース使用:約30時間)、ANCオン時で32時間(イヤホン本体:約8時間+充電ケース使用:約24時間)。15分の充電で約4時間再生する急速充電にも対応する。

重量はイヤホン本体が各6g、充電ケースが48.4g。カラーはブラックとホワイトを用意。

価格は38,500円。

AKG N5 Hybrid
タイプ:完全ワイヤレスイヤホン
カラー:全2色(ブラック・ホワイト)
Bluetooth:バージョン5.3(LE Audio対応予定)
ノイズキャンセリング:リアルタイム補正機能付きハイブリッドノイズキャンセリング
対応プロファイル:A2DP V1.4, AVRCP V1.6.2, HFP V1.8
使用ユニット:10㎜径ダイナミックドライバー
周波数特性:20Hz – 40kHz
対応コーデック:SBC, AAC, LDAC, LC3plus(USBドングル使用時),
        ※LC3はファームウェアアップデートにより予定
防水等級:イヤホン本体:IP54、充電ケース:IPX2
重量:イヤホン本体:各6g、充電ケース:48.4g
連続使用時間:[Bluetooth接続]
       ・ANCオフ時:約40時間(イヤホン本体 約10時間再生+充電ケース使用 約30時間)
       ・ANCオン時:約32時間(イヤホン本体 約8時間再生+充電ケース使用 約24時間)
         [LDAC接続]
       ・ANCオフ時:約34時間(イヤホン本体 約9時間再生+充電ケース使用 約25時間)
       ・ANCオン時:約20.5時間(イヤホン本体 約5.5時間再生+充電ケース使用 約15時間)
        [ドングル接続]
      ・ANCオフ時:約18時間(イヤホン本体 約4.5時間再生+充電ケース使用 約13.5時間)
      ・ANCオン時:約16時間(イヤホン本体 約4時間再生+充電ケース使用 約12時間)
       ※急速充電対応(15分の充電で約4時間再生可能)
付属品:充電用 USB-A→Cケーブル, USB-Cドングル, イヤーチップ4サイズ,
    USB-C → A変換アダプター ※Mサイズ装着済み

【N9 Hybrid】は、振動板にはPU+LCP(液晶ポリマー)素材を採用。高強度・高硬度のLCPが振動板振動の共振と歪みを減少させることにより、深みのある/迫力のある低音と鮮やかな中音域、より詳細で高域の伸びを実現。また、独自の音響設計とチューニングにより、ビビッドなサウンドでAKGらしいサウンドステージを目指した。

通話用ビームフォーミングマイクと、フィードフォワードマイクの計4つのマイクでクリアな音声通話を実現。

Bluetooth 5.3準拠で、コーデックはSBC/AAC/LDACに対応。LC3にもファームウェアアップデートにより対応予定。LE Audioにも対応予定。

対応USBドングルも付属しており、ハウジングがスライドして、ドングルを本体に収納できる。有線接続にも対応。

バッテリー持続時間は、Bluetooth接続のANCオフ時で約100時間、ANCオン時で約55時間。ドングル接続はANCオフ時で約85時間、ANCオン時で約45時間。10分の充電で約6時間再生できる急速充電にも対応する。

重量は約281g。カラーはブラックとホワイトを用意。

価格は55,000円。

AKG N9 Hybrid
タイプ:ワイヤレスオーバーイヤーヘッドホン
カラー:全2色(ブラック・ホワイト)
Bluetooth:バージョン5.3(LE Audio対応予定)
ノイズキャンセリング:リアルタイム補正機能付きハイブリッドノイズキャンセリング
対応プロファイル:A2DP V1.4, AVRCP V1.6.2, HFP V1.8
使用ユニット:ハイレゾ対応40㎜径ダイナミックドライバー
周波数特性:10Hz – 40kHz
対応コーデック:SBC, AAC, LDAC,  LC3plus(USBドングル使用時),
        ※LC3はファームウェアアップデートにより予定
重量:約281g
連続使用時間:[Bluetooth接続] ANCオフ時:約100時間、ANCオン時:約55時間
         [LDAC接続] ANCオフ時:約91時間、ANCオン時:約51.5時間
         [ドングル接続] ANCオフ時:約85時間、ANCオン時:約45時間
       ※急速充電対応(10分の充電で約6時間再生可能)
付属品:充電用USB-A→Cケーブル,  USB-C , キャリングケース, オーディオケーブル,
    フライトアダプターUSB-C → A変換アダプター

Follow me!

iCUE LINK 6500X RGB Previous post CORSAIR【iCUE LINK 6500X RGB】【iCUE LINK 2500X RGB】フロントと左サイドに強化ガラスパネルを備えたピラーレス構造を採用、デュアルチャンバー設計のPCケース
Toffy 2WAY 電気マルチポット (K-HP4) Next post 【Toffy 2WAY 電気マルチポット (K-HP4)】煮る・焼く・蒸す・茹でる/沸かす・炒める・揚げる・炊くの調理ができる、1台7役の多機能電気鍋